Xbox 360 mk2 Xboxソフト関連のPRですm(_ _)m
Xboxmk2 -Xbox、Xbox360プレイヤー参加型レビューサイト-
NINJA GAIDEN Black

パッケージ
[amazonのレビューはこちら]
パブリッシャー 株式会社テクモ公式サイト
レーティング 18才以上対象
発売日 2005/09/29
オンライン(その他)
ジャンル アクションアドベンチャー
価格/購入 価格4,800(税抜き) [amazonセガダイレクト]
ソフト概要 Xbox を代表するミリオンセラー、スーパーアクションゲーム、「NINJA GAIDEN」の完全版。前作の発売後も Xbox Live を使ったハリケーンパックによってバージョンアップを繰り返してきたこのシリーズが、ついに大団円を迎える。(Xbox公式サイトより)
A/87点 3.42点 4.71点 3点 4.71点 4.85点 4.57点 4.28点
ランク/総合 オリジナリティー グラフィック サウンド 熱中度 満足度 操作性 難易度

[←Old 1 / 2 / 3 / 4 New→]


88点 4点 5点 3点 4点 5点 5点 4点
総合点 オリジナリティー グラフィック サウンド 熱中度 満足度 操作性 難易度
このゲームの醍醐味と魅力は、とにかく”敵との戦闘”!これに集約されます。一対多でスピーディに展開する攻防。自分が巧くなればなるほど自ずと戦術の幅も増していき、コンボなどを自分で組み立てていく楽しさが味わえます。刀、ヌンチャク、棍棒等、武器の種類も多く、それぞれに強い特色があるので使い分けのしがいがあります。
難易度も全5種類あり、初心者から超上級者までを幅広くカバー。
全50面ものミッションモードも一筋縄ではいかない難易度。
画面はD2ワイドに対応しており、凄まじく綺麗です。
アクションゲームの宿命とも言えますが、カメラ(視点)が場所によっては非常に見づらい場合があります。それと、BGMにはもうちょっと盛り上がりが欲しかったです。
現時点で最高のアクションゲームではないでしょうか。難易度マスターニンジャを含め、既に5周以上はプレイしていますが依然飽きが来ません。プレイすればしただけ必ず上達しますし、確実にそれを実感できます。
ただ、このゲームを面白いと感じるようになるには、ある一線を越えなければ難しいと思います。何度もゲームオーバーになり、敵の動きを知り、クセを知り、それに対して自分で技を組み立てて対処する。難易度の高さに屈することなく、プレイし続ければ見えてくる境地がこのゲームにはあります。
360で開発中という続編には本当に期待しています。
クリア:済 / プレイ時間:60時間以上
otamaさん [05/11/26掲載]

93点 4点 5点 3点 5点 5点 5点 4点
総合点 オリジナリティー グラフィック サウンド 熱中度 満足度 操作性 難易度
無印のNINJAGAIDENじゃ満足できないって人のためにあるようなソフトです。
易しいNINJADOGの追加
超難しいMASTERNINJAの追加
新武器、腕輪の追加
ミッションモードの追加
新コスチュームの追加
敵のAI強化
操作方法の改善
難易度によって持てるアイテムの最大数が減る(これがいいと思うのは自分だけかな?)
などなど、このゲームのファンの自分にとって良い事だらけです。
自分がこのゲームのファンだからこそ残念なことがあります。
前作のコスチューム「サイバー忍者」「魔神リュウ」等のコスチュームが削られている。
ファミコン版、忍者龍剣伝3作ができなくなっている。(その代わりアーケード版NINJAGAIDENができる)
ゲームの引継ぎプレイができない。
最高難易度のMASTERNINJAが難しいのは最初の1ステージだけのような気がする。(最初はアイテムが少なく、武器も鍛えられていないため)
しかしゲームが進むにつれVERYHARDと大差ないような気さえしてきます。
ミッションモードは最高ですね。違うボス2対と同時に戦うなんて最高すぎます。どうやって倒すんだよって感じです。
前作にはまっている方、これからやろうという方におすすめできる作品だと思います。
クリア:済 / プレイ時間:60時間以上
アパッチさん [05/10/24掲載]

77点 3点 5点 3点 4点 4点 4点 5点
総合点 オリジナリティー グラフィック サウンド 熱中度 満足度 操作性 難易度
・難易度の追加(忍犬モードとマスター忍者)
・とてつもないボリュームのミッションモード
・廉価版並の価格
・グラフィック

特にイージーにあたるニンジャドックモードは自分みたいなアクションがあまり得意ではない人にはまさに助け舟でした。最初ノーマルでプレイしてたけどあまりにも黒忍にボコボコにされるのでとりあえず、ということで最初からニンジャドッグで始めました。あやねちゃんもやさしいし言う事なしです。DOAファンにとっても嬉しい追加要素だとおもいます。
グラフィックも現行機でここまでできるのか。というぐらいきれいです。無印をプレイしてないので正直どこまで変わったかわかりませんが。
・敵が鬼のように強い。
・無駄な謎解きがテンポ悪い

敵が強いのはX−BOXが頭良くて敵複数をバラバラに動かせるから嵐のような攻撃を可能にしたのかなぁ。とかおもいますが。イライラすることも毎日。でもリュウの操作がうまくいけばすぐ倒せるし、イライラも吹き飛びますが、正直きついわ。まぁそんな自分のために忍犬モードがあるんですが。
謎解きに関しては、必要あるん?てかんじです。敵強くて進めないだけでいいじゃんみたいな。ひたすらウロウロしてたときもありました。微妙にチャプター長いし。(泣)
やっぱり自分みたいなライトなユーザーはブラックを買って正解だとおもいます。無印だと敷居が高すぎるような気がします。正直、買ってよかったー!!って思えるのはもう少し先になりそうですが、頑張ってクリアーしたいと思います。
やり応え十分です。
クリア:未 / プレイ時間:10時間以上20時間未満
はしけんさん [05/10/21掲載]

90点 4点 5点 3点 5点 5点 4点 4点
総合点 オリジナリティー グラフィック サウンド 熱中度 満足度 操作性 難易度
まず、相変わらず映像の美しさ。美麗ムービーは必見です。
操作性も慣れるまでは苦労するが、無印経験者からすれば簡単。
本作はNINJA GAIDEN(通称:無印)でXbox Liveで配信されたハリケーンパックを搭載したものですが、それ以外にも様々な追加点が。
・新難易度、新ムービー
・全46ステージにも及ぶミッションモードの追加
・難易度によって敵配置が変わる
・新コスチューム、新たな隠し要素・・・など、無印やハリケーンパックから格段に上がっています。
効果音なども無印から進化していて、別のゲームとして扱って良いほどの完成度の高さです。
まず、一般受けしにくい難易度の高さ。
低難易度「Ninja Dog」が追加されましたが、それでも無印経験者にとっては厳しすぎる難易度。
慣れればこの難易度の高さが逆に面白いのですが、超えるまでが長いです。

無印に比べて敵に対する誘導性に変化。
無印の頃はカメラワーク以外戦闘に不満は無かったのですが、今作では敵の方向に攻撃したつもりが違う敵に攻撃することが多々。

また、難易度を上げると敵の攻撃力が理不尽に高くなり(ザコの攻撃1発で即死しかけます)、爽快感よりイライラが溜まります。
高難易度ではボス戦でザコが護衛につきますが、これは正直言って邪魔なだけです。
難易度を上げる=ただ単に攻撃力を上げる、数を増やす
という印象を強く受けました。
正直、発売前は無印+ハリケーンパック+ミッションモードと思っていましたが、実際プレイしてみると驚くほど変更点がありました。
純粋に進化・・・とは言い辛いのですが、不満点よりも満足点の方が遥かに上です。
Liveを使ってのスコアアタックなどもありますし、ミッションモードは本当に面白い出来です。
Xbox 360の発売の影響もあり徐々に衰えていく現行機ですが、Xbox最後のゲームとしてこれを買ってみては?
Xboxのゲームを勧めるなら、私は迷わずHALOシリーズとNINJA GAIDEN Blackです。
クリア:済 / プレイ時間:60時間以上
NGB-DRさん [05/10/19掲載]

88点 3点 4点 3点 5点 5点 5点 5点
総合点 オリジナリティー グラフィック サウンド 熱中度 満足度 操作性 難易度
このゲームは無印ニンジャガイデンに改良、追加などを施し完成させたいわゆる完全版です。

「ストーリーモード」

まずストーリーモードの変化ですが、これは、新難易度2つ追加と難易度高低による内容の変化です。追加されたシナリオや演出等は一切ありません。あくまでも、敵アルゴリズムの強化や見直し、そしてワンパターンプレイ防止策が施されています。なのでブラックではゲームプレイ内容が無印ニンジャガイデンよりも奥行きの深いゲームになっています。

追加された難易度はNINJA DOG とマスターニンジャです。
NINJA DOGはノーマルランクの一面で数回死ぬとコンティニュー画面にて表れます。このモードは通常モードでは貰えないお助けアイテムがあり、あやねから事あるごとに援助を受けます。敵の強さは耐久力がかなり弱体化されていますが、基本的にアルゴリズムは同じだと思います。ムラマサショップの値段もノーマルよりも更に安いです。

マスターニンジャランクは、まだ私はベリーハードの14面を遊んでいる最中なので、分かりませんが、開発者がレジェンド的な難しさにしたと公言しているので、恐らく想像を絶する難しさだと察します。現にベリーハードの厳しさを体験している私としては、その恐ろしさは想像に難しくありません。

次に難易度高低による変化ですが、これはこのゲームの見所の一つと言えます。無印ニンジャガイデンの難易度による内容の変化は殆どありませんでした。ただ、ザコキャラ数の増加とダメージ増、そしてムラマサショップの値段のつり上げ位でヤッツケ的な設定でしたが、ブラックでは、各難易度をそれぞれ選択する事で、新鮮なプレイが楽しめる様に様々な改良が成されているので、更なる高みへと目指すやり込みプレイヤーを間違いなく満足させる内容とボリューム(難易度的に)なっていると思います。無印ではノーマルでクリアーすればそれ以上の難易度で遊ぶ意味はあまりなかったですが、ブラックではハード→ベリーハード→マスターニンジャと遊ぶ価値があります。

「ストーリーモードの主な変化」

・黒忍が掴み技を使ってくるようになった。
・無印のように闇雲に飛燕を出しても簡単には決まらない事が多い。
(3面ボスダイナモや魔神ムライの飛燕ハメはもう通用しないし、ザコも結構ガードしたり避けたりするし、強化兵士はなんと飛燕にカウンターを当ててきます)
・ガード崩しを使ってくるようになったザコも結構いる。
・ハード以上だとボス戦にザコが出てくる。
・ハード以上だと新キャラが出現する。
・エッセンスが無くてもYボタン長押しで強力な絶技が出せる。
・セーブデータが30個保存出来る。

「ミッションモード」

このモードは、単一の面で構成されていて全部で50面あります。
それぞれ色々なクリアー条件が設定されていて条件を満たすと面クリアーになります。敵を全滅させるとかボスを倒す、レイチェルを救う等など色々あります。クリアーした面は更に上の難易度が表れるので、ストーリーモード同様、更なる高みを目指してのプレイが出来ます。

「その他」

アーケード版の忍者龍剣伝が遊べます。これは、どのランクでもクリアーすればメニュー画面から選択する事が出来ます。

コスチュームもクリアーすると新しいのが出てきます。
NINJA DOGの追加により、無印をクリアー出来なかった人やアクションが苦手な人にも対応出来るように配慮されてはいるのですが、このブラックの求めんとするところは、更なる高みへと目指したゲームなので、初心者に強くお薦めする事は出来ません。

相変わらず視点、カメラアングルはダメですね。
まぁ、これは手抜きにとか技術不足というよりも、あまりにも激しいバトルなので、カメラが追いつかない、対応しきれていないように感じました。出現する敵も多いので、主人公や敵キャラが画面にきちんと収まらずに見えない所でやられていたりすると腹が立ちます。特にボス戦ですと、ザコも一緒に(ハード以上)出てくるので、カメラアングルもザコもボスも満足に捉える事が出来ないですね。カメラアングルの不満は言い出したらキリがありません。
とにかく歯応えのあるゲームです。
無印を遊んだ人やアクションが得意な人には絶対にお薦めします。
無印をクリアーした人や腕の立つ人はハードから遊ぶのをお薦めします。やり込み派の人は絶対満足できると思います。

このゲームを体験する事で、チームニンジャのゲームに対する半端ではない意気込みと情熱が伝わってきます。
”凄すぎて何が悪い”は伊達では無いですよ!!
クリア:済 / プレイ時間:20時間以上30時間未満
NIN-NINさん [05/10/19掲載]

87点 3点 5点 3点 5点 5点 4点 4点
総合点 オリジナリティー グラフィック サウンド 熱中度 満足度 操作性 難易度
・新敵追加、敵AIの向上、ボスに無印で出来たハメが通用しなくなった。
・難易度ごとに敵の配置の変更。新武器追加。ボタン長押しで絶技レベルUP。
・右スティック押しで主観と客観(スティックで回転可能)を切り替えられる。
・首切り投げのコマンドが変更され、飛燕との使い分けが容易になった。
・弓矢使用時のズームが大ズームのみになり使い勝手が向上。
・セーブデータを30個まで保存できるようになった。
・一部のボス戦の前にセーブポイント追加。
・ミッションモード追加。

※無印のDLコンテンツでの追加、変更とカブってる部分があります。

ボス+雑魚という状態が増え、常に画面全体に気を配り、雑魚のエッセンスを利用した絶技をボスに浴びせたりと、スリルとスピード感が増した激しい戦闘を自然と求められるようになった。
が、これに関しては決して良いことばかりではないです・・・。
Blackではボスが当たり前のように雑魚を引き連れて登場してくるわけですが、カメラワークはほぼ今まで通りなので、場合によってはかなりの苦痛を強いられることになります。
正直、カスリ傷一つ負うことなく切り抜ける攻略が果たして可能なのかと思う組み合わせもあり、これは私の力量不足が原因な部分もあるのですが、イマイチ納得の出来ない調節だと感じました。

難易度が上がるにつれて、防御、回避率が飛躍的に伸びるボスがいて運が良ければ瞬殺、悪ければ長丁場になるのが残念。

本編を進める上で難易度のメリハリの悪さを感じる。
徐々にボスが強くなっていくわけではないし、中ボスも雑魚敵以下だったりする。
序盤はステータスが低いにも関わらず雑魚、ボス共に強い。

これだけアクション性が高く、リトライ率も高いA・ADVなのに、コンティニューが最終セーブポイントから再開というのはテンポが悪いです。
無駄なADV要素はどんどん削った方が良いと思うし、もっとスムーズに戦闘を再開できるように工夫してほしい。
ミッションモードでもコンティニューするたびにロードし直すのが気になった。
かなり愚痴が多くなってしまいましたが、それでもちゃんと本編、ミッションの最高難易度をクリアする気にさせてくれる魅力はありました。
ドMなアクションゲーマーはまず買っておくべき作品ですね。
クリア:済 / プレイ時間:60時間以上
ZEROさん [05/10/19掲載]

88点 3点 4点 3点 5点 5点 5点 4点
総合点 オリジナリティー グラフィック サウンド 熱中度 満足度 操作性 難易度
基本的な良いところや悪いところは前作と同じですので省きます。
主に前作との比較でレビューいたします。

無印ニンジャガの追加パックであるハリケーンパック1、2がLIVE環境がなくても楽しめます。また、ミッションモードという新しく追加されたモードも○です。

ストーリーモードについてですが、前作はノーマルでも難しいという意見が多かったのか、忍犬という低難易度が追加されました。
また、高難易度では敵の配置も変わります。そのためBOSS+雑魚といった状況(ムラマサと白忍2人など)も存在します。

偽リュウなどの新たな敵、煙玉などの新アイテム、おまけのAC版の忍者龍剣伝などの追加要素があるのも○です。

基礎となっている無印のNINJAGAIDENの完成度の高さはもちろん受け継がれています。やはり主人公を自由自在に気持ちよく動かせることはアクションゲームにおいて非常に重要であると再認識させてくれるゲームであります。
良いところに記述したBOSS+雑魚の戦闘ですが、これは意見が分かれるかもしれません。雑魚がいることにより絶技が簡単に出せるので案外簡単に倒せるBOSSもいます。その一方で一部のBOSS戦のカメラアングルがかなり悪いので雑魚とBOSSの位置が把握できないため難易度が飛躍的に上昇してしまうのです。

前作からの調整にも一部疑問が残ります。箇条書きですいませんが
・前作でBOSSに有効だった飛燕の極端な弱体化
・高難度モードは敵1人1人を強さではなく物量
・クリア時のセーブデータ引継ぎなし

などです。人によっては気にならないかもしれませんが個人的に気になった部分をあげてみました。

音楽は可もなく不可もなくといった印象です。耳には残りませんでした。

快適性については基本的にはシームレスですが、一部異様にロードし続ける場所があることとリトライ時のロードが気になりました。

以上です。
ただ、基本的にはマゾゲーなのでストレスがたまることすらあります。
なので純粋に敵を倒しまくりたい人は三国無双やOTOGIなどをおすすめします。

しかし操作になれて思いどおりにリュウを操れるようになると最高の爽快感や達成感を味わえるので前作未経験者、経験者を問わずにおすすめしたいです。
交差の法の廃止や前作か削られた要素など意見が分かれる部分もあるかと思いますが、そんなことが些細に感じるほどのパワーを持ったゲームです。

長文、駄文失礼しました。
クリア:済 / プレイ時間:60時間以上
AMIDAさん [05/10/15掲載]


[←Old 1 / 2 / 3 / 4 New→]




アクセス数:  Xboxオフィシャルサイト  

Xbox mk2に記載されている会社名・製品名・システム名などは、日本およびその他の国における各社の登録商標もしくは商標です。
Copyright © 2003-2005 Xboxmk2 All rights reserved.

ソフトの評価について | レビュー修正フォーム | 利用規約等 |  サポートフォーム