The Elder Scrolls IV: Oblivionのレビューを書く

The Elder Scrolls IV: Oblivion レビュー

The Elder Scrolls IV: Oblivion
発売元 2K GAMESオフィシャルサイト
発売日 2006/03/21
価格 6,392(税込) [XBLA/XNAの場合はMSP]
レーティング 13才以上対象(CERO について)
ショップ/リンク GDEX(国内ショップ)プレイアジア
タギングトップ3 ヘルプ    
タイトル概要 海外RPGで、そのすさまじいほどの自由度の高さから最高傑作と謳われた「The Elder Scrolls ?:Morrowind」の続編。Xbox360とPCでリリースされ、海外のレビューサイトでは軒並みこれまでにないほどの高ランクを記録しており、大ヒットとなっている。(アジア版は国内ハードで動作可能)
スクリーンショット
(クリックで拡大)

Warning: file_get_contents(http://webservices.amazon.co.jp/onca/xml?AWSAccessKeyId=0SPZQEVSN7AMBP6M3J82&AssociateTag=xboxmk20d-22&ItemId=B0012B1BGS&Operation=ItemLookup&ResponseGroup=Images&Service=AWSECommerceService&Timestamp=2017-09-20T20%3A31%3A11Z&Signature=7wI46881VLxPbNDt6bGyhE0MnuXKMiFxqoBYc4fYdpo%3D) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 400 Bad Request in /home/gamers-review/www/share/snapimgs.inc.php on line 67

Warning: Cannot fetch XML data in /home/gamers-review/www/share/snapimgs.inc.php on line 70

スコアボード

The Elder Scrolls IV: Oblivion評価ランク
総合ポイント
92
レビュー数
49

スコアチャート The Elder Scrolls IV: Oblivionレビューチャート


0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
2%
40-49
2%
50-59
2%
60-69
0%
70-79
30.6%
80-89
63.3%
90-100
【60点以上】
95.9%
【標準偏差】
10.72

ユーザーレビュー


このレビューだけを表示する   127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィック サウンド 熱中度 バランス ボリューム 国内版希望
4pt 1pt 2pt 1pt 2pt 4pt 3pt
総合点
45pt

GOOD!

COMENTの一番下が最も有効性のある言葉です

・オリジナリティ
他に類がないような珍しいゲームだと思います。時代が中世というだけあって現代とも世界観がまったく違いますし、洋ゲーなのでゲームの新世界に行くような気分です。

・グラフィック
xboxでは結構低レベルです。詳しくはBADで・・・

・サウンド
映画サウンドです。洋ゲーというだけあって、日本のゲームとはまったく異なったミュージックです。耳に残ると言えば残りますが、いい曲はひとつもありません。

・熱中度
新しい武器や防具を手に入れたり、お金をもらったりするとテンションがやや上がります。

・バランス
ノーコメントです。

・ボリューム
全クリしようと思ったら50時間は軽いと思います。

BAD/REQUEST

悪い点を単刀直入に言うと。
・殺風景
・存在感のなさ
・ボリュームの加減
・ストーリー性
・ロード時間
・戦闘システム

COMENTの一番下が最も有効性のある言葉です


詳細
・ですが。「xbox最低限のグラフィックは備えているものの感動するようなものは1つもありませんでした」というのも、あきらかにプログラミングされた感満々の草木の動き。遠くの山を見るとあきらかにPS1よりヒドイ絵。置き換えると、ただのモザイクです。

・サウンドの地味さ(ゲーム感のなさ)そして何より、キャラの地味さ。さすが洋げーといったところですが、ここまで先入観のないゲームは初めてです。

・街から街へと行くのに時間がかかりすぎる。ダンジョンもほとんど同じようなもので1回入ったら別のタンジョンなんて入る気失せる。ネット上のみなさんはこのボリュームがいいんだとか言っていますが、ボリュームありすぎてやる気失せます。逆効果です。よっぽどの暇がないとこんなゲームできません。

・ストーリーはほとんどわかりません。まず字がちいさすぎて読めません。でかいプラズマTVでやっても背景とのシンクロのせいで読みにくい。
ストーリーがなかなか進まない。結局おもんないのでストーリー捨てて暗殺機関に入っていい装備をもらうために頑張る。しか、しませんでした。

・長い・・・それ以外いいようがない。下手をすれば1分以上かかります。フルインストールしてるのに。
しかも普通に歩いていると「エリアをロードしています」とかでてきて下手すりゃフリーズしてパーです。

・歩いているといきなり音楽が変わり戦闘になります。というかただガートと攻撃と魔法しか使わない薄いものですが・・・

:モンスター:
40時間やって出てきたのはこれだけです。
カニ・ネズミ・オオカミ・ゴブリン・野党・ミミズみたいな魚・オブリビオン健在の敵(3種)
ゾンビ

頭の中に入ってます。しかも8割はオオカミ&ネズミ&カニです。

言って悪いですがいいます。最悪のゲームです。何より結果も。

COMMENT

COMENTの一番下が最も有効性のある言葉です
ここからは独りゴトのようなものなので、参考は上を優先してください。
 
モンハンのキャラ作成と同じシステムです。
キャラクターによっては能力が違ったり、身長が違ったりします。

あくまでも個人的な意見ですが、モンハンとは比にならないほどのキャラ作成の規模です。

正直キャラ作成を適当にした自分でも20分弱かかりました。推測するに場合の数より計算すると?万通り程あります。

でもその辺もこのゲームの自由度のカギなのでしょう。結局は「ダークエルフ」とかいう平均的な能力の持ち主を選びました。

ゲーム内のコンピキャラは新鮮さがゼロです。理由はこのゲームが洋ゲーであり、字幕だからです。(吹き替えにしようと思ったら制作に何年もかかるでしょう)

スケールにも限界があって、同じことを話す人もたびたびあります。

・グラフィック 
字が小さい・・・いつもはアナログでやってるんですが、最初ストーリーがまったくわかりませんでした(何しゃべってるかわからん、しかも字幕だから問題)

プラズマでやってみて、やっとわかるような大きさになったと思ったら、今度は文字と背景がミスマッチで読みにくい。

読めるのは簡単な字だけです。難しい字(画数が多くてゴチャゴチャしてるやつ)とかはまったく読めません。

90%が自然の中なのでCODMW2と比較するとウンコですが、MW2がよすぎるだけなので単にこちらのゲームは5段階評価で3.5ぐらいです。

地図外へ行こうとすれば当然「これ以上は進めません」とでるのですが、あきらかに地図外の景色がPS1のグラフィックよりひどいです、殺風景。

これにはがっかりしました、この世界にも限界・・・というかただ単に手抜いただけだろうと思ったが・・・

草一本一本まで再現されていますが、すべてが同じ大きさ、同じ動き、現実性のなさ(あきらかにプログラミングされたような動き)が現実性を奪っていました。

武器の装飾等は美しかったです。


・システム 
まず戦闘

盾で防御はしてるんですが、強攻撃されたらすぐに解かれます。小動物等は簡単なんですが、人間相手だとかなり苦戦します。

相手を瀕死にすると相手が果てしなく逃げます。自分から喧嘩売っといて死にそうになったら逃げるとかマジで殺したくなります、リアルで怒って1時間かかって追い詰めて焼き殺しにしてやりましたクソガ!
殺すと死体から物品を回収できるのですが、まず殺すに至るまでに結構かかります。

街の中で衛兵(警察)と戦うと80%死にます。一人ひとりが屈強な戦士で、しかもそれが5人以上の束で来ます。弓はあたりません。

次に生き方
この世界にある物品は人のものであろうと盗んだり、奪ったりすることができます。

家宅侵入して、家主が寝てる好きに物品を盗んだり、後ろからスリをしたり。

夜になるとほとんどの扉がロックされ、ロック解除(ピックを使って解除する古典的な様式)しなければ入れません。ミスるとピックが折れます。ピックにも限りがあるため、毎回セーブして、折れたらロードというパターンでやらなければ難しい。

悪いことをするとそれだけ懸賞金も跳ね上がります。ようするにおたずねものとなって、どの街に入っても追いかけまわされます。

懸賞金かけられてる時に衛兵にみつかると「牢屋に行く」「金を払う」「逮捕に抗う」の3択強制的に選ばされます。2番目のやつは懸賞金の額によって金額がきまります。

このような生き方をすると金はバンバンたまるし、レアアイテムもバンバン手に入りますが、あくまで見つからなければの話です。深夜の3時に盗むとか。


・世界
時間は常に流れており、1年中徹夜なんてこともできます。季節もあって、春には春の花が取れ、冬には雪が降ります(雪のグラフィックは並みのクソゲーより数段階↓のレベル)

待機することによって時間をすすめることができます。体力も回復できますが、状況がフリーでないと待機できません。

大きな街に入るとなにもしなければ安全なのですが、見知らぬ小さな村とかに行くと、いきなり「よそ者だ」とか言って斬りかかられたりします。相手はザコイですが。

あらゆる場所に数え切れないほどダンジョンやクエストが存在します。それがこのゲームのスケールのカギです。

街から街にいくまでにリアルタイムで何十分も徒歩しなければなりません。馬でも結構かかります。


・サウンド
よくある中世映画のサウンドです。映画のようなサウンドなんですが、良くはありません。まぁ洋ゲーだからしかたないですけど。(ちなみに僕は植松伸夫音楽監修のゲームはクソゲーでも神ゲーと強引に呼びます)

普通に歩いているといきなり音楽が変わりオオカミが襲ってきます。それだけです。


・操作性
問題ありません



結果をいいます

「吸血病にかかって太陽の元へ出たら死にかけたのでセーブしました。1回死んでまたそこからやろうとロードしましたが、なぜかフリーズ。オートセーブもちょうど日光下に出てきた時だったのでなぜかフリーズ・・・40時間やりましたが、それ以来このゲームは2度とできませんでした」おしまい

プレイ時間:05時間以上30時間未満(complete)
結果が悪すぎるさん [2011/01/17 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する   127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィック サウンド 熱中度 バランス ボリューム 国内版希望
5pt 5pt 5pt 5pt 5pt 5pt 5pt
総合点
100pt

GOOD!

サブクエストとメインクエストを全てクリアし終えた感想です。
クエスト数が膨大で、数本のRPGをクリアし終えたような感じがしました。
しかも、一つ一つのクエストが非常に良く練りこまれていたことも驚嘆に値します。
70人のメンバーで2年半かけて作ったらしいですが、ほとんどの力をクエストに注ぎ込んだ印象を受けました。
特にメインクエストとギルド系のクエストは意外性が高く、とても興奮したことを覚えています。
PRGの本質をトコトンまで突き詰めた「本物のPRG」ですねコレ。
今までいろいろなRPGをプレイしてきましたが、このゲームがぶっちりぎりで最高です。

空気感あふれるグラフィックも凄いです。ポカポカ陽気の中、緑溢れる山並みを堪能していると
次第に雲が立ち込め、ポツリポツリと雨が降り出し、嵐になったので急いで近くの宿屋に避難したこともあります。
一泊して宿屋の外に出ると朝霧が立ち込めていたりします。リアリティがありすぎです。

サウンドは重厚なオープニングミュージックからフィールドの軽快なはこび、街中の気品にあふれるサウンドと
古き良きヨーロッパを彷彿させる作りになっています。
一見静かですが内側には業火の炎や一寸先の不安を秘めている曲が多く感じました。
繰り返し聴いていても飽きにくいしっかりとした作りの曲ばかりです。

ゲームバランスは独特です。戦闘やクエスト達成で経験値が入るのではなく、主人公の行動によって経験値が入る仕組みになっています。
だから、ヘンなことばかりやっているとヘンな人間が出来上がりますし、接近戦闘ばかりしていると接近戦闘に特化した人間が出来上がります。
通常のRPGでは接近戦闘が重要ですが、このゲームは多くのクエストが戦わなくても進める作りになっているので
ヘンなおじさんでも頭を捻れば進める仕組みになっています。そのため、完全な隠密プレイを楽しんだり、魔法使いプレイを楽しんだり
ダメキャラプレイを楽しんだりと千差万別なプレイスタイルで遊べるのが良かったです。

ゲーム内では「正義の味方」を強制されることもなく、ダークサイドを堪能できるのもありがたいです。
町の人たちの反応が次第に冷たくなり、まるでゴミを見るような目で見られ、蔑まれ侮蔑され、衛兵が絡んできます。
主人公よりもプレイヤーのほうが精神的なダメージを受けましたw
ああ・・犯罪者たちはこういう世界で生きているんだなぁと考えさせられました。
善人を殺すクエストは心が痛みます。ダークサイドにのめり込めば込むほどリアリティ溢れる惨忍なクエストが多くなってきます。
思わず目を覆いたくなるシーンも多々あります。心が痛み、こなしたくないクエストも多々あります。
これは比喩ではありません。本当にそう感じるクエストがあるのです。
クエストでは語られない箇所もしっかりと作りこんであり、それが暗示となってリアリティが増しているように感じました。

BAD/REQUEST

最初のとっかかりが悪く感じました。
洋ゲーに慣れている人は良いのですが、行動が限定されている和ゲーに慣れていると「自由」であることは戸惑います。
どこに行ってもいいよと放置されると、どっちに行けば正解なの?と疑問符がついてしまいます。
戦闘も距離感が難しく、最初はネズミにすら殺されることがありました。
しかし、数時間プレイすれば慣れました。
慣れるまでは戸惑い、このままゲームを止めてしまおうかと思いましたが
今ではあそこで止めてなくて良かったと思っています。

COMMENT

自由に冒険できることは本当に素晴らしいです。
広大すぎる世界を気の向くままにぶらりと旅することがこんなにも楽しいとは・・
日本のゲーム会社もリメイクや萌えやエフェクトの強化という小手先な面白さを追求するのではなく
RPGの本質を追求することこそが世界で通用する唯一な方法なのではないのかと、このゲームをプレイしてつくづく感じました。

プレイ時間:100時間以上(uncomplete)
kunionさん [2012/01/06 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する   127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィック サウンド 熱中度 バランス ボリューム 国内版希望
4pt 2pt 2pt 2pt 2pt 4pt 3pt
総合点
52pt

GOOD!

良く言われている事そのまま、無限とも言える遊び方ができる。
ただしストーリーに沿って役になりきるロールプレイではなく自分自身がのどかに暮らすゲームでした。

BAD/REQUEST

世界が単調。人は多いけどしゃべる事はだいたい同じ。
マップは殺風景で今となってはグラの悪い同じ風景が延々と続く。
戦闘がつまらない。
イベントは演出不足で物足りなく飽きてしまう。

相性にかなり個人差がでると思います。

COMMENT

箱庭ゲームをいっきにメジャーにした記念碑的な作品だと思います。
でもどうしても私には肌に合いませんでした。

本当なら肌に合わないものはデビューはしないのですが、他ゲームとの比較でよくオブリビオンを至高RPGのように出すかたがいるので決して万人向けの良ゲーというわけでは無いという意見でレビューしました。

プレイ時間:30時間以上60時間未満(complete)
nikantuさん [2010/02/26 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する   127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィック サウンド 熱中度 バランス ボリューム 国内版希望
4pt 5pt 3pt 4pt 4pt 5pt 4pt
総合点
83pt

GOOD!

・自由度とボリューム
今までにも自由度の高さを謳ったRPGは幾つも出ているが、ボリュームの多さに関してはOblivionに並ぶゲームはほぼ皆無と言ってもいいくらいだろうと思う。単純にダンジョンの数、家の数、NPCの数、クエストの数。そして出来ることの幅。ひたすらメインクエストを進めるもよし、見つけるダンジョンに片っ端から潜り込むもよし、ゲーム中の全ての家から金目の物を盗み出すもよし。一般的に言うRPGではストーリーを進めるかモンスターを延々と倒すくらいしかやることがないのだが、Oblivionなら目的を持たなくとも何でもできる。プレイスタイルも自分で自由に決めることができ、同じ犯罪人をするにしても家に押し入っては金品をかっぱらう極悪強盗を演じてもいいし、反対に金持ちや悪人からしか奪わない義賊を演じてもいい。とにかくやることにだけは困らないゲーム。

・グラフィック
発売からしばらく経つが、この系統のRPGとしては未だに高水準と言える質。グラフィックそのものの質が傑出して良いわけではないが、物理エンジンによるリアルな動きや雰囲気の表現が非常に秀逸。水に物を放り入れれば浮き上がってくるし、看板を叩けば大きく揺れる。小動物に弓を撃ちこむと、衝撃で吹き飛んだ挙句に坂を転げ落ちていく。和製RPGで言うところの、いわゆる「美しいグラフィック」とは完全に方向性が違うが、実際にゲームを始めてみればそのリアルさと綿密さに感心するだろう。ただ、前作と比べてリアルになった分だけ世界が小さく感じられるのも事実。

・Radiant AI
全てのNPCは定められたタイムスケジュールに沿って行動する。これだけなら他のRPGでも見られるシステムなのだが、OblivionのNPCは搭載されたAIを使って他人と会話したり、盗みを働いたり、喧嘩を始めたりと様々な行動を取るようになっている。ゲームの進行には大して影響を及ぼさないシステム(街道を歩いているNPCが同じNPCの盗賊に襲われて殺されてしまったりすることはある)ではあるが、全体的に無機質になりがちなNPCに生活感を持たせるという意味では実に素晴らしいシステムである。

BAD/REQUEST

・ストーリーとクエストの薄さ
クエストの量こそ多いが、メインストーリーに関わるものも含めて基本的に「お使い」クエストが多い(主人公一人に「Oblivion Gateが開いたから閉じてきてね♪」と押し付けるのはいかがなものか)。もちろん、各クエストにはバックストーリーがあったりするため、MMORPGのクエストなどとは比べ物にならないのだが、ストーリー進行上の演出を重視する人やクエストの背景よりも純粋な内容を楽しみたいような人には物足りないような気もする。また、欲を言えば、前回と同じくメインストーリーが善人仕様のみであるため、敵対勢力に加勢するようなストーリーラインを設けてもいいような気がする。

・レベリングとバランス
基本的に、一部のクエストモンスターを除いて殆ど全ての敵がキャラクタのレベルに応じて強くなっていくため、「たまたま見つけたダンジョンに潜ったらよくわからん敵に一瞬で殺される」といった理不尽な体験があまり出来ないのは少し寂しい。逆にレベルが上がると、そこらへんの夜盗が最高級の鎧を着込んで襲ってくるという別の意味で理不尽な現象が起きてしまう。非戦闘スキルを主軸にしているキャラクタが不利になりやすい(戦闘に役立たないスキルの上昇でもレベルが上がる=敵が強くなるため)ということもあり、改善の余地はある。

・アイテム数の少なさ
装備品にエンチャントを施すことが可能であり、ダンジョンなどで得るアイテムも大部分がエンチャント品になるため、アイテムそのもののバラエティには富んでいるのだが、ベースになる装備の数がやや貧弱。つまり装備品のグラフィックが少し物足りない。大体のレベルに応じて装備する鎧や武器が決まってしまったりする場面も少なからずあるため、この点は自由度をウリにするゲームとしては寂しいかもしれない。

・NPCとプレイヤーとの距離
Radiant AIで触れたように、AI同士のインターアクションは豊富で面白いのだが、NPCがプレイヤーと積極的に関わる場面が少ないように感じる。「パーティ」がないのはこのゲームの方向性の問題だから良いとしても、例えば大多数のクエストは単に仕事をポイと放り投げられている感じが否めない。一応プレイヤーとの友好度を示すパラメーターはあるのだが、ミニゲームや贈物であっという間に上がってしまい、例えば「信頼」とかいった人間関係の演出は非常に希薄であると言える。もちろん、和製RPGでもこういった演出はストーリーで強引に行っているだけなのではあるが…

COMMENT

書きおわってみると何故かマイナス面の方が分量が多くなってしまったが、個人的には非常に楽しめるゲームだと思う。確かに「世界が分かって」くると楽しみが半減してしまうのは事実だが、それまでに自分のキャラクタを作って、死んだりも含めて試行錯誤をして、クエストを終わらせて報酬に一喜一憂して、といった過程で簡単に数十時間を費やすことができる。さらには作るキャラクタによってプレイスタイル(主に戦闘・魔法・隠密に分かれている)も異なってくるため、どのクエストを受けるか、同じ状況に置かれたとしてもどういった解き方をするか、プレイスタイルならば無限に作ることができる。

良くも悪くも洋物RPGの順当な進化系、兎にも角にも人を選ぶゲームで、例えばマイナスの部分で触れたストーリー性の薄さ。これも人によりけりで、例えば足りない情報は自分の想像力で補ったり、あるいはより積極的に自分の演じるキャラクタ設定からゲーム内での行動を決める(「このキャラは悪人だし手早く殺っちまうか」とかいう風に)ような人であれば、自由度の高さを活かして自由自在に自分だけのストーリーを作り上げることが出来る。OblivionのようにシングルRPGにも関わらず「プレイ日記」などというものが書けるゲームは数少ないだろう(FFやDQでプレイ日記を書くなど想像できないだろう?だってストーリーは誰がやっても同じなのだから!!)。しかし、こういう「ロールプレイング」が苦手な人にとってはストーリー性の薄いクエストは作業にも感じられ、自由度の高さも「確かに色々できるけど、だからなに?」という事になりかねない。そして、こうなってしまうとOblivionの面白みは全く伝わらない。

自分でキャラクタを作りたい人、試行錯誤が好きな人には間違いなくオススメできるゲーム。逆に例え全国同一であっても壮大で密なストーリーを期待している人やキャラクタに「感情移入」したりキャラクタ同士の人間関係を楽しみたい人なんかには全くオススメできない。とは言え、「自由で広大な世界」、「殺しも盗みもなんでもできちゃう」と特徴は掴みやすいゲームなので、こういったフレーズにピンときたら試してみるといい。

また、一応触れておくと、英語が理解できてPC版をプレイしているのならば、上で触れたマイナス点の多くはMOD導入によって解決できる。全く新しいクエストの追加、既存クエストに対する選択肢の追加(戦うところを賄賂で済ませるとか)、新たな装備品の追加、モンスターのレベル調整、キャラクタも含めたグラフィックの改善、一緒に旅するNPCの追加、などなど。ともかく、ありとあらゆる面でOblivionの世界は今も広がり続けており、これもOblivionの一つの魅力と言える。

プレイ時間:60時間以上80時間未満(uncomplete)
steamclawさん [2007/09/17 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する   127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィック サウンド 熱中度 バランス ボリューム 国内版希望
5pt 5pt 4pt 5pt 5pt 5pt 5pt
総合点
98pt

GOOD!

・自由度の高さと遊べる幅
特に箱庭ゲームに言える事ですが、いくら自由度が高くてもそこに幅がなければすぐ飽きてしまいます。「民間人を攻撃できる」だとか「色々な所を縦横無尽に歩ける」など、そればかりが自由だとは思えません。でもこのゲームは別物。何といっても遊べる幅がすごく多い。クエストやギルド、アリーナ、魔法・ポーション作成、ダンジョン、家具収集などなど、とにかく遊べる要素が多いんです。自由度と幅がこれだけ比例しているゲームは中々ないと思います。
とはいえ、どれもしなければいけないものは全くなく、あくまで提示しているだけなので、本当に自分のペースで楽しめます。
要は「これで遊んで」というものがなく、「一応こういうのもあるよ、遊びたい人はどうぞ」で成り立っている感じでしょうか。

・緻密なグラフィックと物理エンジン
遠景こそ場所によっては粗く見えますが、実際にそこに立てば丁寧かつ緻密で美しいグラフィックを思う存分堪能できます。草一本一本ですら細かく表現されていて、暴風が吹けば強く揺れるし、雨に打たれればしんなりしてます。本当にきれいです。CoD3やGoWなどのグラフィックは始めた瞬間から驚かされましたが、このゲームのグラフィックはプレイすればするほど実感できる良さがありました。発売してから結構経ちますが、それでも上記ゲームと比較して見劣りするようなことはなかったです。
また物理エンジンもすごくよくできています。自分の射た矢が坂道をコロコロと転がっていく様を見れば、今までのゲームにはなかった、しっかりと構築された世界に没入できるでしょう。

・AI
すごく面白いです。NPCたちにより生気が感じられます。ご飯を食べたり、仕事をしたり、睡眠したり、あるいはNPC同士で会話をしたり、彼らの生活を垣間見るのですら面白かったりします。でも、ただ生気が感じられるだけではありません。自分に干渉する遊び方も色々とできます。例えば、あるNPCの家にある宝石が盗みたかったら、彼の生活を監視して、「彼が仕事に出かけている間に盗もう」とか「彼はいつも夜の1時くらいに寝るから2時過ぎに侵入しよう」など、効果的でよりリアルな遊び方もできるわけです。

・ボリューム
上記の点もすばらしいですが、私の中で最も評価したいのがボリュームです。サブクエストをこなしたり、ダンジョン探索してお宝を探したり、部屋にワインを並べたり、とそれだけで既に130時間プレイしてます。まったりプレイで遊んでいるというのもありますが、130時間遊んでも達成率的なものでいえば、おそらくまだ半分もいってません。実質40時間前後でクリアできるRPGですら「大作RPG」と言われている昨今にこのゲームは衝撃的過ぎます。ある意味恐ろしいゲームです。

BAD/REQUEST

特に無いです。そのくらい私の中ではどストライクしたゲームです。強いて挙げるなら、これは欠点というよりも要望ですが
・自然音のバリエーション
もう少し増やしてくれてもよかったかな、と。暴風や雷、滝や河の音、小鳥や蛙の鳴き声など十分あるんですが、BGM消して自然音だけでプレイしている身としてはもう少し賑やかな方がいいです。

・髪型、体型
キャラクタークリエーションは本当細かく設定できますが、顔のみなので。体型は種族で固定みたいですが、そこもいじれるともっとよかったですね。髪型はもう少しレパートリーを増やしてほしかったです。

・MOD
ゲームに直接関係はないので余談で。
PC版でこそ色々とMOD入れることができますが、360版(in日本)だと難しいです。(一応できることはできますが)

COMMENT

広大な美しい世界を舞台に、自分だけのキャラクターと自分だけのストーリーで、自由な冒険ができる、そんなゲームです。ファミコンからやってきましたが、今までで一番面白いゲームでした。
スパイクさんがローカライズすることが決まりましたね。ちなみに私はその発表の2ヶ月くらい前に購入した身です。
このゲーム、RPGなのでやはり多いです、英語が。アクションゲームのようにはいかないです。日本語版も発売されることですし、英語が苦手な方や避けたい方は待つのも一考だと思います。かくいう自分も英語苦手ですが、それでもwiki JPと辞書片手にプレイしていて思うのは、「なんとかなる」です。英文自体は中学英語レベルでしょうか。向こうのRPG?の独特な言い回しや単語は辞書必須でしたが、ジャーナルのメモは辞書要らずでした。
さすがに本は読めないですが、これだけ英語だらけなゲームにも関わらず、総じて皆さんの評価が高いのは、それでもとにかく面白いからだと思います。
合う合わないはありますが、好きな人はどっぷり浸かれるゲームです。
2007年度中に日本語版が出るとはいっても、今のところいつ頃なのかわかっていないので、興味のある人は買って遊んでみてください。今ならまだ買いです。一足先に楽しんじゃいましょう。

プレイ時間:100時間以上(uncomplete)
RayDogさん [2007/01/23 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ


このレビューだけを表示する   127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィック サウンド 熱中度 バランス ボリューム 国内版希望
4pt 4pt 3pt 5pt 3pt 5pt 5pt
総合点
81pt

GOOD!

・熱中度
冒険に夢中になって気がついたらリアルで夜が明けてた!とか、家に食べ物や家具を配置してたら冒険をする暇が無くなった!とか人によって楽しみ方は様々ですが、自由度が高く、本当にロールプレイができるので熱中度に関しては他のRPGの追随を許しません。

・ボリューム
もうこれはプレイ時間を見ていただくしか。
町の人々の些細な悩みを解決したり、ギルドに入って依頼をこなしたりと、もう100時間以上はプレイしてますが、それでもまだ終わりが見えません。
この世界に散らばっているダンジョンだけでも軽く100は超えてしまうほどありますしメインのストーリーラインはあるんですが他の事が楽しすぎるので途中からどうでもよくなっちゃったりするんですよね。

BAD/REQUEST

・オリジナリティ
BADと言っても、それでも4点なんですがこれはどことなくウルティマIXを感じさせますね。
向こうのゲームだから似てて当たり前かもしれないですが、あとは、もっと生活感を出してくれてもよかったかと。くだらないものを売る店とか、いかがわしいお店があったほうが現実味ありますよね。
道具はあるのに、料理はできないし絵も描けないし、釣りくらいは出来てもよかったと思うんですけどね。
あと結婚!折角家を買っても、一人暮らし(例外はありますが)は寂しすぎます。

・グラフィック
これも4点なんですが、洞窟、廃坑、塔、遺跡、そしてOblivion世界・・・
とダンジョンの種類ごとで見た目が統一されててダンジョンごとの個性が無く単調になっているのが気になりました。
他の部分でうまいこと地域ごとの特色が出てたりしてるので余計にその点が気になるのかも知れません。

・サウンド
これは些細な点ですが、音楽や環境音があまり効果的に使われていないような気がします。これはPC版ならMODで調整できるんでしょうが。あと、種族によって声優さんがほぼ固定されてるので同じ声ばかりになってしまっているのも気になりました。

・ゲームバランス
難易度調整がついてるので、「プレイヤーが生き残る」ことに関しては問題無しですが、NPCやMobに関してはちょっと不満な点がちらほら。
自分がレベルアップするにつれて入手できるものも高価になるんですがNPCがものすごい高価な武具を身に付けてくるんですよね。夜盗がGlassとかDaedric装備とかそれは違うだろう、と
異世界の武具に身を包んだ異世界の怪物よりそこらにいるIron装備のゴブリンの方が硬くて強いなんてこともザラですし、これはバランスというよりは、世界観がおかしくなっちゃいますよね。

COMMENT

・萌えキャラ
個人的にArgonian(トカゲ族)がもうかわいくて仕方が無いので「Good!モエキャラ」にチェック入れちゃいました
交渉コマンドとかで「にこっ!」となる表情にメロメロです。
声はジジ臭い(ババ臭い)ですが、それも愛嬌です、えぇ

・やりこみ、息抜き
家財を並べるのが凄く楽しいんですよ。
無機質な家にアクセサリーを配置して生活感を出していく楽しさといったら!
ただ、そこらへんの遊びに関しては適当な感じなのでモノ同士が干渉して並べにくいんですけどね。
時々ポリゴンの隙間からモノが地面の下に落ちていくこともありますし。

・好みが分かれるポイント
これだけ面白くても、やはり言葉の壁は厚いと思います。
最初は言葉もわからない異世界に放り込まれた気分でした。
ある程度は慣れちゃいますけどね。
あとは欧米式のロールプレイングに馴染めるかどうかでしょうか。

・国内発売
やっと日本語版の発売が決定されましたね。
買った直後に決定でちょっとガッカリなんですが、まぁそこはそれ、他の皆さんより先にプレイできたぞということで良しとしましょう。

プレイ時間:100時間以上(uncomplete)
KYO-JIさん(Webサイト) [2007/01/16 掲載]

このレビューはオススメ?はい いいえ



レビュー投稿フォーム

The Elder Scrolls IV: Oblivion
レビュー投稿フォーム

−レビューを投稿する前に− 注意事項

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記掲載基準のご確認をよろしくお願いいたします。

  • プレイしたかどうかを問われるレビューや他の方のレビューに対する意見が大半を占める場合などは不掲載となります。また、「グラフィック」や「熱中度」など点数項目を列挙して、その部分にのみコメントを書かれるのは、レビューされる部分が限定されてしまうためできるだけお控えください。
  • 明らかな誤字や脱字、意味のない著しい改行、“w”や顔文字の多用は当該部分に限り修正させていただく場合があります。なお、それらの修正でレビュー文の趣旨が異なってしまう場合は掲載を見合わせていただいております。ご了承ください。
(通りすがりなどは非掲載) ヘルプ
(任意) ヘルプ

掲載に際し、連絡の必要が生じた場合にご連絡させていただきます。

ヘルプ

URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。

点数に関する注意事項
  • 基本は1〜4点となっており、0、5点は特別点でその点に至った説明が必要となります。また、すべて4点や1点などの場合も、相当のレビュー文がなければ掲載を見合わせていただいております。
  • ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断でポイントを付してください。
ヘルプ
ヘルプ
ヘルプ
ヘルプ
ヘルプ
ヘルプ
ヘルプ
ヘルプ
  • キャラクターが魅力的
  • 萌えキャラがナイス!
  • グラフィックが優れている
  • 中古ショップなどで安価で入手可能
  • ストーリーがよく練られている
  • 続編物で前作のプレイを推奨
  • 対戦が燃える!
  • 協力プレイで盛り上がれる
  • 音楽・サウンド効果が優れている
  • 原作物で原作ファンにオススメ
  • 少しの時間で楽しめる(息抜き)
  • 長い時間楽しめる(やり込み)
  • 残酷な内容…
  • わかりやすい内容・操作性
  • めちゃくちゃ難しい難易度
  • とにかく退屈な内容…
  • このソフトこそ「傑作」にふさわしい!
  • 是非続編を出して欲しい!
  • ゲームのシステムが優れている
  • 爽快感抜群でストレス発散できる
  • XboxLIVEとの相性がバッチリ!
  • プレイヤーで好みが分かれるソフト
  • とにかく簡単な内容
  • 選択しない

−掲載までの日数など−

掲載所要時間(掲載数の少ないタイトルを優先掲載中):通常4〜14日、最新作1〜3日











サイト情報

募集開始 (14/12/25)
シャドウ・オブ・モルドール レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/12/18)
カオスチャイルド レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/12/11)
グランド・セフト・オートV レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/12/04)
ぷよぷよテトリス,ザ クルー レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/11/27)
ドラゴンエイジ:インクイジション(360),NBA 2K15(360),サクラフラミンゴアーカイヴス レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/11/20)
EA SPORTS UFC,真・三國無双7 Empires,アサシン クリード ユニティ レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/11/13)
ワールドサッカー ウイニングイレブン2015,コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア (360),Halo:The Master Chief Collection レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/11/06)
Killer Instinct コンボ ブレイカー パック レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/10/30)
ボーダーランズ プリシークエル,メトロ リダックス(XboxONE),Sunset Overdrive(XboxONE) レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/10/23)
サイコブレイク(360) レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/10/09)
FIFA 15(360),Project Sparkスターターパック レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/10/02)
Forza Horizon2(360),F1 2014, レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/09/04)
[One]タイタンフォール
[One]コール オブ デューティ ゴースト
[One]MURDERED 魂の呼ぶ声
[One]Wolfenstein: The New Order
[One]バトルフィールド 4
[One]プラント vs. ゾンビ ガーデンウォーフェア
[One]ウォッチドッグス
[One]ズー タイクーン
[One]無双OROCHI2 Ultimate
[One]シーフ
[One]トゥームレイダー ディフィニティブエディション
[One]アサシン クリード4 ブラック フラッグ
[One]デッドライジング 3
[One]Ryse:Son of Rome レジェンダリー エディション
[One]フォルツァ モータースポーツ 5
[One]ニード・フォー・スピード ライバルズ
[One]ズンバ フィットネス ワールドパーティ
[One]Kinect スポーツ ライバルズ
[360]悪魔城ドラキュラ Lords of Shadow 2
[360]MURDERED 魂の呼ぶ声
[360]プラント vs. ゾンビ ガーデンウォーフェア
募集開始 (14/08/28)
GRID Autosport レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/08/07)
ウルトラストリートファイターIV レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/06/26)
ウォッチドッグス レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/06/12)
シーフ レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/06/05)
ウルフェンシュタイン:ザ ニューオーダー,剣の街の異邦人 ~白の王宮~ レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/05/29)
バレットソウル -インフィニットバースト- レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/04/24)
2014 FIFA World Cup Brazil,ゲーセンラブ。~プラス ペンゴ! ~ レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/04/10)
タイタンフォール レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/03/27)
Yaiba: NINJA GAIDEN Z レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/03/20)
メタルギアソリッドV,ズータイクーン レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/03/13)
DARK SOULSII レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/02/27)
紫影のソナーニル レビュー募集を開始しました。
募集開始 (14/01/23)
ドラゴンボールZ BATTLE OF Z,セインツロウ IV レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/12/19)
BandFuse: Rock Legends レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/12/12)
ニード・フォー・スピード ライバルズ レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/12/05)
バットマン:アーカム・ビギンズ レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/11/28)
アサシン クリード4 レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/11/20)
ライトニング リターンズ FF XIII レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/11/14)
デッドフォール アドベンチャーズ, コールオブデューティ ゴースト レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/11/07)
バトルフィールド4,ロックスミス2014,NBA 2K14 レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/10/18)
FIFA14 ワールドクラスサッカー レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/10/10)
グランド・セフト・オートV,F1 2013 レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/09/26)
アーマード・コア ヴァーディクトデイ,ペインキラーヘル・アンド・ダムネイション レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/09/19)
ファントムブレイカー:エクストラ レビュー募集を開始しました。
募集開始 (13/09/12)
エア コンフリクト ベトナム レビュー募集を開始しました。