Halo 5: Guardians

発売元: 日本マイクロソフトオフィシャルサイト 発売日: 2015-10-29 価格: 7452(税込) レーティング: 17才以上対象 (CERO について))
タイトル概要

中央値: 85 Amazon点数: -

スコアーボード

Halo 5: Guardiansレビューチャート 標準偏差 15.42 マルチプレイ 4.00 mk2レビュー数 4
0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
0%
40-49
25%
50-59
0%
60-69
0%
70-79
50%
80-89
25%
90-100

ユーザーレビュー

(デフォルトは中央値近順)
15人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィック サウンド 熱中度 バランス ボリューム マルチプレイ
5pt 5pt 4pt 4pt 4pt 4pt 3pt
総合点
85pt

GOOD!

Haloシリーズはリーチまでを全盛期にプレイ。それからしばらくゲーム自体していなかったのですが、今になってxboxone買ってhalo5も買ったのでレビュー。

キャンペーン
第一感想は「あれ?普通にめっちゃ楽しいじゃん!」です。前評判からあまり期待してなかったのですが、良い意味で裏切られました。
レベルデザイン:単純な一本道ではなく、回り道や迂回路が今までのシリーズ以上にかなりたくさん用意されてます。たとえば地下から攻めるか正面から攻めるか両サイドの崖から回り込むか、、、など
どうやって攻略するか考えるだけでも楽しいです。
バラエティに富んだマップ構成:なるべく単調にならないように工夫してあるな?と感じられます!
敵キャラ:プロメシアン側で1番出てくるクローラーという敵キャラですが、グラント並みに簡単に倒せる上に倒すと爆発するので爽快感があります。またクローラーを倒すとサプレッサーやボルトガンというそこそこ使える武器を落とすので、弾切れに困ることはなかったです。FPSでは珍しく?ボス戦もあるんですが今までのシリーズに比べてもかなりちゃんとしたボス戦になってます笑
キャンペーンのゲームプレイをまとめると、今までのシリーズの正当進化という感じでした

武器
マルチプレイ、キャンペーン共通ですが、武器がめちゃめちゃたくさんあります。まず、ベースとなる武器が大体30個くらいあって、さらにそれぞれ進化系のようなものが3段階あります。数えてないですが全部で軽く90?100前後はあるかと思います。どれもこれもかなり特徴的なので、しっかり特徴を把握してないと使いこなせません。全部の武器の特徴を覚えるだけでも大変ですが、飽きなくて楽しいです。たとえば、スキャッターライフルというショットガンのような武器は跳弾するのですが、跳弾したあとは弾がホーミングします。これをいかして場合によっては直接狙わずにあえて跳弾させたりといったテクニックがあり、たとえば開けた場所で左右に回避行動されるときは敵の手前の地面に撃って跳弾させホーミングを使う、などとちょっとプレイしただけではわからないですが武器の使いこなし方を考えるのも楽しいです。

マルチプレイ
ラグ:今までと比べてもラグがほとんと気になりません。北米のカスタム部屋行ってもとくに支障なくプレイできます。
カスタムゲームブラウザの追加:マッチメイキングとは別に個人が建てたカスタム部屋の一覧があります!2017年4月現在もわりと賑わってます。正直この機能だけで個人的には100点です。変わったマップ、変わったルールがあります。この機能さえあれば半永久的に遊べるのでは?と思いますw
マッチメイキング:従来通りソーシャルとランクに分かれていて、それとは別にウォーゾーンというゲームモードがあります。マッチングは今でもすぐに見つかるので人に困ることは当分ないかと思います。

BAD/REQUEST

海外のフォーラムとかでも散々言われてますが、画面分割がないのは残念すぎます。特にワートホグみたいな乗り物系は画面分割してこそじゃないの??と思ってしまいます。彼女や友達来た時にやりたくてもできません、、

あとはこれもよく言われてますが、ストーリーが難解でチーフの出番が少ない。ただ、僕はもともと1?3のころからストーリーはなんとなく理解する程度だったので、ストーリーは雰囲気だけでゲームプレイを楽しむタイプなら特に気にならないかと思います。

あとマルチプレイに関しては、主にウォーゾーンのサーバーが不安定な気がします。武器が選べなかったりすることがたまにある

COMMENT

今までのシリーズを正当進化させたもの、といのが総合での感想です。

ちなみにマルチプレイは上級者が多いのと、覚えることがとても多いので最初はかなりやられるかもしれません!他のFPSでは活躍してたって人も、一旦そういうプライドは捨てて、初心に帰って一から成長してくつもりでやったほうが楽しめるかと思います

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(済)
ひげなしさん[2017-05-01 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィック サウンド 熱中度 バランス ボリューム マルチプレイ
5pt 5pt 4pt 4pt 4pt 4pt 5pt
総合点
85pt

GOOD!

アクション
ダッシュ専用の格闘、空中からの対地格闘攻撃等が追加されて、いままで以上に暴れられます。キャンペーンでもマルチプレイでも土壇場の一手があるのは面白いと思います。
あと全武器に構え撃ち的なものが出来るようになりました。それの有無で性能が変わる武器があるらしいのですが、良く分かりません。とりあえずマシンガン系は集弾性が上がります。

キャンペーン
キャンペーンはまさしく4の続編、といった雰囲気です。4が気に入った人は違和感なく入れるのではないかと思われますが、詳しくはBADの方で。素晴らしいグラフィックで暴れまわるスパルタンもいいのですが、詳しくはBADの方で。
4では触れられなかった、アービターにも焦点が当たっているのは○。
ストーリーの終わり方は…私はアレでいいと思いますけどねぇ。初めから「新たな三部作」と宣伝してましたし、2と同じ引きでニヤリとしましたけど。ストーリー自体の良し悪しは6次第でしょうかね。

マルチプレイ
アリーナはいつもの4vs4のルール。あらたな「ウォーゾーン」は陣取り、ファイアファイト、ビッグゲームの合わさったモードです。対人が苦手な人はボスを刈りにいくもよし、自信があるなら陣地を攻めてみたり、もしくはひたすら防御に専念してみたりと工夫できるのは楽しいです。
REQとかいうシステムが導入されていて、「遂にHaloにもガチャかよ!」とウンザリしたのですが、武器だけで勝負が決まるゲームでもないですし、プレイしてればいくらでももらえるのでそんなに気になるものでもないです。レイスとスコーピオンが大挙して進軍する様はまさに圧巻。やられたら地獄ですけどね!

ボリューム
減ってます。4と比べるとスパルタンオプスが丸々消えているのでどうしても…
ただし、追加マップを全員に無料で配布するそうなので、プレイ人口がどうなるかですね。多分大丈夫でしょう。

サウンド
良かったです。
特に4で不満が出ていた、メインテーマが二回ぐらい聞けました。

BAD/REQUEST

まずはマルチプレイ
アビリティがスラスターに固定されてしまいました。スラスター自体は速度距離リチャージ共に丁度良くとても使いやすく、これの存在のおかげでバトルライフル無双にならなくて大変宜しい。のですが、遠距離や大物相手にバリアで粘ったりリチャージフィールドで突っ込んだり、そういうこともしたかったな、と。ただしスラスターは本当に使いやすいです。
全体的に、「惜しい!」と言えるマッチが少ない気がします。大抵1000vs350くらいで決着するイメージです。ということはバランス悪いんじゃないの?と思うのですが…
画面の情報量が少ないです。慣れないとどの方向に拠点があるのかわからず、どこにボスがいるのかわからず、拠点が攻められているのかもわからず、攻めに行って味方がいるのかも分かりません。アイコンが表示される距離が短すぎるのが原因です。


キャンペーン
まず少し進めて思ったのは、「あれ?4と変わってなくね?」でした。
プロメシアンにソルジャーという敵が追加されてナイトがかなり固くなりました。プロメシアン武器の仕様が全体的に変更されました。各陣営にグレネードランチャー的な武器が追加されました。それだけです。それ以外は4です。サンヘイリのダサいアーマー(個人の感想です)もどの武器のデザインも見た感じ同じですし、あと暗殺のモーションに爽快感がなくなったくらいですかね。

で、ストーリーは他の方も書かれている通りです。ゲームにのめりこむというより映画を見させられている、という感じの疎外感が付き纏いました。
例えば3の「コヴナント」のミッションでは、三方に分かれて拠点を制圧し、味方が届けてくれる乗り物を乗り継いで中枢へ到着、フラッドに助けられて預言者を殺してフラッドから逃げる。という流れでした。一緒に戦って届けてくれて武器を交換して、空では敵味方が入り乱れて戦っていて、というのがプレイヤーに「体験してる」「遊びがある」この感覚を直感的に味あわせる演出だと思うのですが、4以降それがありません。
コヴナントという敵いそうもない相手に「仲間と協力して」立ち向かうのが3までで、プロメシアンとかいうなんかでかくて強いのに「スパルタンが一人で」なんやかんやして勝った!ってのが4と5です。今作は常に四人行動ですが協力した感は無く、ただべらぼうに強いのが増えただけです。背景がUNSCではなくインフィニティになったのが原因じゃないかと…

設定滅茶苦茶すぎやしませんかね。
人類<コヴナント<フォアランナーの技術レベルの筈なのに、ムービーではスパルタン以外は全て雑魚です。四人が苦しめられる様子すらありません。人類よりはるかに長くHaloを研究しているはずのコヴナントは人類のハルゼイ博士に頼ってばかり、それどころかこの博士はフォアランナーの技術すら理解し尽している風な言い回しが多く、意味が分かりません。リクレイマーだから、ハルゼイだし、ばっかりでストーリーが進んだのは気のせいでしょうか?
続編はスパルタン無双にでもなるんですかね。楽しみだなー。

あ、それと声優も4と同じです。

COMMENT

1234とODST、Reachをプレイ済み。それぞれLegendもクリア済み。
マルチのK/D=1.5前後。

長々とストーリーの不満を書きましたが、それは期待の裏返しです。演出が悪いだけでストーリー自体は6で挽回可能だとは思います。今作は実績解除したら二度とやらないでしょうけど。
ウォーゾーンが素晴らしい出来なので買って損なし!BADが長いのは、それだけファンが多いことの証ですから…

プレイ時間:100時間以上(未クリア)
enonさん[2015-11-23 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

アクセスランキング

デッドオアアライブ 4
技術者集団「TeamNINJA」が総力をあげて制作するハイエンド対戦格闘ゲーム。シリーズ最新作となる今作は、仕様キャラクターが新キャラクターを含め最大数を誇っている。ステージやコスチュームも次世代レベルで新しく制作され、大きな驚きを与える。
■価格:8190
■発売日:2005-12-29

ギアーズ オブ ウォー
「惑星セラ・・・美しく平和な世界は、突如地底から出現した”ローカスト”の襲撃により、一瞬にして地獄と化した。 戦況が刻々と悪化する中、かつて英雄と呼ばれた一人の囚人、マーカス フェニックスが戦線に復帰する。 信頼する友と再び共に戦い、生き残るため。人類の存亡を賭けた壮絶な反撃が始まろうとしていた・・・」 独創的な破壊美に彩られた極限のサバイバルアクション 新しい刺激を求める大人達へ贈る、真の次世代ゲーム エンターテイメントがここに登場!(Xbox.comより)
■価格:7140
■発売日:2007-01-18

ロスト プラネット エクストリーム コンディション
極寒の惑星を舞台に巨大兵器や未知の生物と戦いをくり広げていく完全オリジナルタイトル。主演には韓流スター、イ・ビョンホン氏を起用。(Xbox.comより)
■価格:8379
■発売日:2006-12-21

エム エンチャント・アーム
あらゆる物質を組み上げる論理魔導科学“エンチャント”が発達した高度な文明世界。確かな空気感を有する美しい幻想世界を舞台に、次世代の到来を告げる正統派 RPG が幕を開ける!(Xbox公式サイトより)
■価格:7665
■発売日:2006-01-12

地球防衛軍3
「地球防衛軍3」は、「THE地球防衛軍」「THE地球防衛軍2」に続き、3 作目となる 3D 地球防衛アクションシューティングゲームです。(Xbox.comより)
■価格:7140
■発売日:2006-12-14

ブルードラゴン
“ブルードラゴン”は、坂口博信氏(ミストウォーカー代表)プロデュースのもと、キャラクターデザインにドラゴンボールの鳥山明氏、音楽にFFシリーズの植松伸夫氏を迎え、“ブリンクス”シリーズのアートゥーンが開発を手がける、新世代の超大作RPG。 (Xbox.comより)
■価格:7140
■発売日:2006-12-07

テイルズ オブ ヴェスペリア
シリーズ累計販売本数1,000万本以上を記録する「テイルズ オブ」シリーズに「テイルズ オブ ヴェスペリア」が登場。 もはや「テイルズ オブ」シリーズに欠かすことのできない要素の一つである「アニメーションムービー」は「プロダクションI.G」が制作。物語の随所に入る美しいアニメーションムービーが「テイルズ オブ ヴェスペリア」の世界を美しく、また感動的に描き出します。また、Xbox 360ならではの高精細なHD映像は建造物や空気感もみずみずしく映し出し、「藤島康介」氏が手がけたキャラクターたちが、ハイクオリティな映像でいきいきと描かれます。
■価格:7800
■発売日:2008-08-07

スターオーシャン4 THE LAST HOPE
人類は三度目の過ちを犯した――第三次世界大戦である。 死に瀕した地球に対し、人類は星の彼方へ新たな安住の地を求めた そして宇宙歴 10 年 ついにその第一陣が、星の海へと旅立つのであった。(Xbox.comより)
■価格:8925
■発売日:2009-02-19

ロストオデッセイ
制作総指揮は「ファイナルファンタジー」シリーズの生みの親・坂口博信氏。キャラクターデザインは「スラムダンク」などの漫画家・井上雄彦氏。シナリオは直木賞作家の重松清氏。そして音楽はFFシリーズの植松伸夫氏と、各業界一流のスタッフが垣根を越え結集して織り成す超大作RPG 。(Xbox.comより)
■価格:7140
■発売日:2007-12-06

Fallout 3
『The Elder Scrolls IV: オブリビオン』のスタッフが贈る、真の次世代RPGが遂に日本上陸!核戦争後の世界を舞台に繰り広げられるサバイバルワールドで、何を得て、何を失うか・・・全てはプレイヤーである貴方次第。世界中のゲームアワードを総なめにした究極のRPGを、是非体感してください。
■価格:7980
■発売日:2008-12-04

レビュー投稿フォーム

Halo 5: Guardians
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「Halo 5: Guardians」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。

上へ戻る