ファントムブレイカー:エクストラ

発売元: 5pb.オフィシャルサイト 発売日: 2013-09-20 価格: 7140(税込) レーティング: 12才以上対象 (CERO について))
タイトル概要

中央値: 62 Amazon点数: 3.8

スコアーボード

ファントムブレイカー:エクストラレビューチャート 標準偏差 0 対戦バランス 4.00 mk2レビュー数 1
0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
0%
40-49
0%
50-59
100%
60-69
0%
70-79
0%
80-89
0%
90-100

ユーザーレビュー

(デフォルトは中央値近順)
127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィック サウンド 熱中度 バランス ボリューム 対戦バランス
3pt 3pt 3pt 4pt 3pt 2pt 4pt
総合点
62pt

GOOD!

・前作のイマイチだった部分が改善され格ゲーらしくなりました
前作では力が入ってない様なモーションや違和感のある背景などモロモロで損してた感じがしましたが今作ではゲームスピードがあがってグラフィックや無駄なモーションの見直しなどで
かなり一新されエフェクトなどもそれなりに派手になり
背景のパースのおかしさも従来の格ゲーらしく普通になりました。

・前作同様誰でも入り込める簡易操作と対戦ツールとしての向上
必殺技がレバー一方向とボタンという部分は変わらず
それでいて新スタイル追加と前作では共通だった2段ジャンプなどのシステムがスタイルによって振り分けられたなど大分見直しが図られました

・簡易操作ながら実は奥深い、パッチによるバランス向上
簡易操作なのでだれでも適当プレイでも立ち回れる仕組みではありますが、実はやってみると
見た目とは裏腹にすごく細かいテクニックがちりばめられてるいるゲームではあります。
相殺やガードキャンセル、ゲージ管理なども格ゲーしてはストイックな部分もあるので
ハマる人はとことんハマる作りではあります。
そして現在パッチVer1.02が配布され全体バランスとしてはどのキャラでも立ち回れ上達を感じるつくりになっています。

BAD/REQUEST

・単なる対戦特化のバージョンアップ
続編という位置づけではありますが正直単なる対戦ツールに特化したバージョンアップです。
前作もけっしてストーリーモードがしっかりしていたわけではありませんが今作では正直対戦部分以外モードが手抜きすぎます(以下の記述参考)
それでいて前作とそう変わらない値段なのはさすがに高すぎます。これがもう少し値段が抑えられてれば相応のゲームだと思います。

・全キャラ分のストーリーモードが無い
今作では新規参戦キャラが4名いますがいわゆるストーリーモードが搭載されているのは
その4名のみです。しかもお題をこなして次のステージを解禁していく方式なのでめんどうです。
そしてストーリーの終り方も中途半端で一体なんのために用意されたモードなのか疑問を感じます。
一応シーンごとの会話で重大な話や進展がありそうな投げかけはありますが・・・もったいないです

・格ゲーらしくはなったものの同人ゲークオリティな一部の部分
グラフィックとしてはかなり綺麗で前作に比べると大分シャープになったとは思いますし
無駄なアニメーション中割を減らしたおかげで見た目は前作のままでも違いが出ました。
しかし一部のキャラのグラフィックが3Dすぎておかしかったりモーションは相変わらず微妙なとこが変わってないのも事実です。
前作のバタ臭さが抑えられたものの反面普通になった程度です。

・簡易操作ゲームですが実は初心者向けな作りではなくかなり難しい
システムがかなり多く、それをこなすことがかなり難しい作りです。
そこが最大の魅力であり面白いといえば面白いのですがぶっちゃけクセがありまくりで
従来(多角化しているので従来と言っていいのかわかりませんが)の格ゲーのセオリーをかなり無視しているような部分もあります。

・万人ウケしづらい作りとバランス
前作に比べると大分格ゲーらしくはなったといいましたが、前作をやった人ならわかると思いますがこのゲームかなりゲージ頼みな作りと簡易操作による妙な押し付けや事故要素が多いです。
慣れればその部分を読み合いとして利用したりできますが・・・まず理不尽さを感じて投げる人が多いと個人的に思います。
これは正直従来の物慣れしている格ゲーマーや万人ウケするかといえばう?ん・・・としか言えません。良い意味では意表をついた作品であり
悪く言うと格ゲーというのは邪道でこれは『ファントムブレイカー』というジャンルとしか言えません・・・ほんと
あとVer1.02はたしかにキャラバランスやシステムバランスの見直しは入って良くなりましたが
今回はハードスタイルが強化されほとんどのキャラがそのスタイルに偏る傾向ではあります。
とは言え他スタイルでも勝てないバランスではないですが事故要素が顕著になりました。

・オンラインについて
現在のパッチでも機種別でオンライン対戦のラグが酷いゲームではありますが
XBOX360版は比較的回線が良好で一番良い回線表示であればラグの支障はほぼありません。
がそれでもときたま表示されている回線度が乱れる場合があります。
瞬間的な読み合いや操作が多いゲームなのでそれが一瞬でも生じると致命的になることもあります。

そして個人的に一番残念だったのはプレイヤーマッチの仕様です。
最大4人まで参加できると歓喜してましたが試合が始まると部屋名がその時だけ表示されなくなり、しかも順番を譲るパス機能が無いのが致命的すぎます。
プレイヤーによるオンライン大会を期待していただけにものすごく残念です。

・現在のパッチでのバグがある
このゲームは細かいところも含めてかなりバグが存在しています。一応支障が無いレベルのものがほとんどですが・・・2つだけ気をつけていただきたいバグがあります。

今から初めて購入する方にはまったく問題ないバグですが、それはVer1.01からVer1.02のパッチを当てるさいに発生するレコードメニューが入れないフリーズバグです。この場合は一旦セーブデータを消去しなけらばなりません。

もう一つは一番致命的な牧瀬紅梨栖の「4号ガジェットバグ」です。くわしくはウィキでもを見てください。

COMMENT

かなり格ゲーらしくなり良く向上されてはいますが
ただ万人ウケはあいかわずしづらい作りのゲームではあります。
それでいてやはりこの作りでは値段が高いと思います。

悪い部分をけっこう挙げてしまいましたが個人的には前作に比べてかなりやりこみ続けてはいます。
それだけにやはりこの仕上げと宣伝不足がほんとおしい気がします。
そこに新規の人も繋ぎとめるような前作くらいの宣伝やキャラ、ストーリー部分を全面に押し出していただきたかったです。
ゲームスピードが早くなって忙しくはなりましたがその分格ゲーとして面白くなったので興味がありましたらぜひ検討してみて下さい。

   
プレイ時間:30時間以上40時間未満(未)
w.wさん[2013-12-06 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: 九条マコト レビュー日: 2013-09-20
現時点でのこのゲームの感想を、主観且つ箇条書きで書いてみたいと思います。

良いと思った所

・ゲームスピードの上昇及びエフェクトの変更により爽快感が増した。

・一部のニュートラルモーション等の変更により、動きの不自然さが減った。

・強化必殺技・超必殺技使用時のカットインが奇麗になった。

・シチュエーションモードで、新キャラクターの簡単な使い方を学べる。

・必殺技コマンドがレバー入れだけなので、コマンドミス等が原因でイライラする事が少ない。

・クイックスタイルとハードスタイルの差別化が進み、両スタイルの個性が一層際立った。

・付属ガイドブックで、システム及び戦術等のこのゲームの基本を学ぶことができる。

良くないと思った所

・旧キャラを使用してのシチュエーションモードがない。

・シチュエーションモードの戦闘中に、条件及び達成の有無を確認できない。

・シチュエーションモードにリスタート機能がない。

・ストーリーモードが無いので、旧キャラクターのストーリーを追う事が出来ない。

・トレーニングモードでダメージ表示機能及びダミーレコーディング機能がない。

・キャラクター使用率がランダムに変化するバグがある。(発生していない方もいるみたいですが)

・エクストラスタイルの攻撃力・防御力とハードスタイルのそれの差が大きすぎる。

・プレイヤーマッチでホストが部屋名・細かい入室条件及びルールを付けられない。

・ネット対戦で、アーケードモード待ち受け及びトレーニングモード待ち受けが出来ない。

・一部キャラの声がこもって聞こえる(声優さんの声質及び演技の変化かも知れませんが)

・ネット対戦で一部キャラの必殺技の中に、対処法を知らないと(知っていても少々厄介な)それだけでやられてしまう技がある。

購入を考えている方の参考になれば幸いです。

アクセスランキング

ギアーズ オブ ウォー
「惑星セラ・・・美しく平和な世界は、突如地底から出現した”ローカスト”の襲撃により、一瞬にして地獄と化した。 戦況が刻々と悪化する中、かつて英雄と呼ばれた一人の囚人、マーカス フェニックスが戦線に復帰する。 信頼する友と再び共に戦い、生き残るため。人類の存亡を賭けた壮絶な反撃が始まろうとしていた・・・」 独創的な破壊美に彩られた極限のサバイバルアクション 新しい刺激を求める大人達へ贈る、真の次世代ゲーム エンターテイメントがここに登場!(Xbox.comより)
■価格:7140
■発売日:2007-01-18

デッドオアアライブ 4
技術者集団「TeamNINJA」が総力をあげて制作するハイエンド対戦格闘ゲーム。シリーズ最新作となる今作は、仕様キャラクターが新キャラクターを含め最大数を誇っている。ステージやコスチュームも次世代レベルで新しく制作され、大きな驚きを与える。
■価格:8190
■発売日:2005-12-29

テイルズ オブ ヴェスペリア
シリーズ累計販売本数1,000万本以上を記録する「テイルズ オブ」シリーズに「テイルズ オブ ヴェスペリア」が登場。 もはや「テイルズ オブ」シリーズに欠かすことのできない要素の一つである「アニメーションムービー」は「プロダクションI.G」が制作。物語の随所に入る美しいアニメーションムービーが「テイルズ オブ ヴェスペリア」の世界を美しく、また感動的に描き出します。また、Xbox 360ならではの高精細なHD映像は建造物や空気感もみずみずしく映し出し、「藤島康介」氏が手がけたキャラクターたちが、ハイクオリティな映像でいきいきと描かれます。
■価格:7800
■発売日:2008-08-07

インフィニット アンディスカバリー
『インフィニット アンディスカバリー』は、「スターオーシャン」シリーズや、「ヴァルキリープロファイル」シリーズで知られる、株式会社トライエースによる新世代ゲーム機での最新ファンタジー RPG です。(Xbox.comより)
■価格:8190
■発売日:2008-09-11

ロストオデッセイ
制作総指揮は「ファイナルファンタジー」シリーズの生みの親・坂口博信氏。キャラクターデザインは「スラムダンク」などの漫画家・井上雄彦氏。シナリオは直木賞作家の重松清氏。そして音楽はFFシリーズの植松伸夫氏と、各業界一流のスタッフが垣根を越え結集して織り成す超大作RPG 。(Xbox.comより)
■価格:7140
■発売日:2007-12-06

スターオーシャン4 THE LAST HOPE
人類は三度目の過ちを犯した――第三次世界大戦である。 死に瀕した地球に対し、人類は星の彼方へ新たな安住の地を求めた そして宇宙歴 10 年 ついにその第一陣が、星の海へと旅立つのであった。(Xbox.comより)
■価格:8925
■発売日:2009-02-19

NINETY-NINE NIGHTS (N3)
NINETY-NINE NIGHTS・・・人々の意志など遠く及ばぬ光と闇のはざまで、戦うことを余儀なくされた戦士たち。“不思議な力を持った石”が織り成すドラマ、それがこの壮大な物語のテーマです。(Xbox公式サイトより)
■価格:7140
■発売日:2006-04-20

デッドライジング
襲い来るゾンビ 1000 体以上!地獄と化したショッピングモール。タイムリミットは 72 時間。生存者を助けるか、スクープを撮るか!狂気のショッピングモールを生き残れ!(Xbox.comより)
■価格:8379
■発売日:2006-09-28

ロスト プラネット エクストリーム コンディション
極寒の惑星を舞台に巨大兵器や未知の生物と戦いをくり広げていく完全オリジナルタイトル。主演には韓流スター、イ・ビョンホン氏を起用。(Xbox.comより)
■価格:8379
■発売日:2006-12-21

バイオハザード 5
恐怖の原点は、恐怖の頂点へ シリーズ1作目の洋館事件から10年後、主人公クリス・レッドフィールドがバイオテロの脅威にさらされた灼熱の大地、アフリカでシリーズ最大の恐怖に遭遇する。
■価格:8800
■発売日:2009-03-05

レビュー投稿フォーム

ファントムブレイカー:エクストラ
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「ファントムブレイカー:エクストラ」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。

上へ戻る