Double Dragon Neon

発売元: Majesco Entertainmentオフィシャルサイト 発売日: 2012-09-19 価格: 800(税込) レーティング: 15才以上対象 (CERO について))
タイトル概要

中央値: 69 Amazon点数: 4.4

スコアーボード

Double Dragon Neonレビューチャート 標準偏差 8 お手軽度 4.00 mk2レビュー数 2
0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
0%
40-49
0%
50-59
50%
60-69
50%
70-79
0%
80-89
0%
90-100

ユーザーレビュー

(デフォルトは中央値近順)
127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
操作性 グラフィック サウンド 熱中度 バランス ボリューム お手軽度
3pt 3pt 5pt 3pt 3pt 2pt 4pt
総合点
61pt

GOOD!

・従来の操作性にプラス要素
ダブドラと言えばパンチ・キック連打からのコンビネーション。これは変わりありません。
今回からは「ダッヂ」システムというギリギリ回避システムが投入されました
そしてゲージシステムによる必殺技とステータスシステムの導入
これらを組み合わせて戦術を切り替えるシステムが導入されました

・成長要素によるやりこみ
今回は敵またはショップ購入で必殺技をレベルアップ要素があります
また2週目からの高難易度モードではダメージが半端ないので全クリにはレベル上げが必須となります。逆に低レベルのまま高難易度モードクリアを目指すなどの楽しみ方もあります

・BGMの作りこみ
ダブルドラゴンネオンの売りとも言えるのがBGM
1と2のBGMのアレンジにネオンオリジナルのBGMがありますがどちらも素晴らしいです
たしかにサントラを所望にしたくなるのもわかります。

・世界感と小ネタ
今までは硬派なアメコミでしたが今回はどちからかというとアメリカンアニメになりました
これが逆に良い意味でやりすぎ感満載になり敵のバリエーションが増えたと思います。
あとここまでするかと言いたくなる様なネタキャラがあったり(まんまカ〇〇ンのメ〇マ〇)
ダブドラファンのツボをつくようなマニアックなネタがさりげなくちりばめられてたり
やりすぎとともに開発者のダブドラ愛を感じます。

BAD/REQUEST

・日本語対応がされてない
字幕もないので会話の意味がわかりません
せっかくのとんでも世界感なのにもったいないです
それにプラスして必殺技のセット画面の際も英語なので技やステータスによっては
効果や操作がわからないままになります。

・繰り返しやる魅力が薄い
2週目は高難易度モードが解禁されますが、ただ敵の攻撃力が上がっただけでやることは同じです、ステージギミックも面白みがあるものが少ないので淡白なベルトアクションゲーで
マニアな人以外は一回クリアしてしまうとそこまでにとどまります。できれば隠し要素やルートなんかあればと思います

・必殺技システムの仕様について
必殺技やステータス技はそれぞれ一つしかセットできません
なのでわざわざ切り替えが必要になるのでテンポが悪いです。かつ遊びの幅がないのが弱点です
ダッシュも一旦踏ん張るダッシュなので
GBA版ダブドラのようなスタイリッシュなものを想像してしまうと肩透かしを食らいます
ゲームバランス面もあるのでしょうができれば上下左右のレバー+必殺ボタンに割り振りできれば
面白かったと思います

・世界感と悪ノリ度合い
goodとは真逆の意見になりますが今回は率直に言うと「バカゲー」です。
ダブドラファンでもこの部分はかなり好みが分かれると思います(そのため2のラスボスの名曲導入のさいははちょっとKYなのかもしれません・・・)
個人的には嫌いではないのですがラスボスに関して言えばちょっと意味不明です(英語がわかるとそれが把握できると思います)、ただBGMのおかげでその辺は帳消しにしています。

・オンラインについて
オンライン協力プレイ機能はなくスコアランキングのみです
coop機能はつけてほしかった・・・とは言え800MSPと低価格なのでしかたないのかもしれません

COMMENT

往年の名作ダブルドラゴンが満を持して復活!!
今作は1をベースに途中オリジナルなストーリー展開を取り入れております
開発会社はまるっきり変わってもダブドラへの情熱や愛が伝わります

欲を言えば挙げてるとおりの繰り返しプレイしたくなるような成長要素の見直しやcoop搭載をお願いしたいです
それ以外はおおむね大満足です!
ラストに流れるボーカル付きのOP曲は必聴です
(歌詞の内容自体はバカ要素だけどさりげなく含みを持たせていてダブドラファンの心実は突いています)


DOUBLE DRAGON ・・・・I’LL BE BACK!! nya??ha・ha・ha・ha・ha!!

   
プレイ時間:わからない(クリア済)
w・xさん[2013-03-06 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
操作性 グラフィック サウンド 熱中度 バランス ボリューム お手軽度
3pt 3pt 5pt 4pt 4pt 4pt 4pt
総合点
77pt

GOOD!

シンプルなベルトスクロールタイプのアクションゲームをすっかり見かけなくなってどれくらい
の時間が経過しただろうか?
オールドゲーマーなら誰でも知ってる「ダブルドラゴン」復活

○基本部分
とにかく基本操作、ゲーム内容共に実にシンプルで気持ちよく敵をなぎ倒していける。
このゲーム固有の操作の一つに「回避」があるのだが、これを成功させると一定時間攻撃力が倍化することもあり武器や必殺技に頼ることなく硬い敵を仕留める事も可能。

○必殺技
必殺技にしても、使用すると体力が減るなんてケチなことは言わない。
一定時間で回復、もしくは道中で大量に手に入るアイテムでMPゲージを回復できる為ガンガン使って敵をなぎ倒していける。
また、必殺技には10種類があり場面や好みで使い分けることが可能。

○成長要素がある
キャラの成長を意識しなくてもクリアはできるが、厳しいと感じたらお金やアイテムを稼ぐことで無双状態にすることも出来る。
高難易度ともなれば話は変わってくるが成長させたキャラで爽快に敵を撃破していくのも楽しい。

○BGMが秀逸
BGMは過去作のものをアレンジして使っているようだが、思い出補正を抜きにしても良作揃いで久々にOSTが欲しくなったほどである。
なんとなく体験版をダウンロードしオープニング曲と1stステージの曲を聴いただけで購入決定したのは私だけじゃないはず。
BGMについては5点を入れさせて頂きます。

○デザイン
キャラデザインも秀逸で、このままアメコミにでていても違和感がないほど。
アメコミキャラが苦手だとむしろ欠点になってしまうかもしれないが、公平な目で見てクオリティは高いと思う。

○ボリューム
成長要素があるゲームとしては短めで、1回のプレイでクリアを目指すアーケードとしてはチョイ長め。
成長要素の方は2周目移以降に引継ぎが出来るのでむしろベストバランスと言えるのでは。

BAD/REQUEST

×日本語仕様をお願いしたい・・・
操作や技の使い方、能力説明など全て英語での記載となっている。
単純なアクションゲームとはいえ説明されている項目は結構な数があり、ナナメ読みでは不安な部分があることも事実。

×敵の情報表示
デフォルト設定では敵に与えたダメージ数が非表示となっており、キャラの成長具合などを体感しにくい。
デフォルト設定ではダメージ数表示をONにしておくべきだったのではないか。
また、敵の残体力は表示されない仕様となっている。

×能力成長について
キャラクタの基本能力と必殺技それぞれ10種類の能力が用意されているが、正直使い道がないのでは?と、思える能力が多すぎる。
キャラの成長には能力に対応したアイテムを収集する必要があり、能力の上限をUPするには
ボスを倒すことで手に入るレアメタルが必要となる。
能力UPアイテムはショップで購入することもでき、敵がドロップしていく事も多いとはいえ
コンプリートを目指すならかなりの稼ぎプレイが必要となり、平行してレアメタル稼ぎも行わなくてはならないというのは相当な作業感を伴うことになるだろう。

×難易度
低難易度ではサクサク遊べて取っ付きがよく、今時のゲームを感じさせるバランスとなっているが高難易度となると話は別だ。
限界まで成長させたキャラでも雑魚にちょっと殴られてご臨終という様はファイナルファイトあたりの難易度を想像してもらえればわかりやすいだろうか? 2面ボスが厳しいというあたりも通じるものがある。
この手のゲームのセオリーとしては雑魚は1名様ずつ対処していき、団体様が登場したときは投げで一方向に固めると言うのがあったと思うが、このタイトルでは一定場面に差し掛かるとスクロールが停止し一度に左右から団体様がお見えになる為に対策が難しく感じる。
回避をうまく使えるかどうかが鍵となるでしょう。

×世界観がどうにも
アメコミ調の世界観で宇宙人と闘う・・・治安の悪いストリートで不良グループ相手に大立ち回りでは物足りなかったのだろうか。
好きな人は好きだと思うが、違和感を感じたり「これはないわ」と判断する人も出てきてしまうのではないか。

×骸骨宇宙人
ボスの声が妙に軽い。
小物臭が半端じゃないです。

COMMENT

駄菓子屋で肘打ちしまくってた頃を懐かしめる世代は取り合えず体験版をDLしてほしい。
きっとオープニングからステージ開始の流れでグッとくるものがあるはずだ。

そういえば、多彩な技の中に「肘打ち」が入っていないのは欠点と言えなくもないか?
使えない技になってしまったとしても入れて置いて欲しかった。
なんといっても「ダブルドラゴン」なのだから。

   
プレイ時間:わからない(クリア済)
銀のはにわさん[2012-10-17 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: Dent レビュー日: 2011-11-19
このポイントカード、発売当初はプラスチックの頑丈なケースに入っていて、開封するのに一苦労でネットで開封指南のページがあるほどでした。
それが簡素なケースになり、ついには紙だけになりました!
とても開けやすいです。

こういう地味な改善でも嬉しいものです。

アクセスランキング

デッドオアアライブ 4
技術者集団「TeamNINJA」が総力をあげて制作するハイエンド対戦格闘ゲーム。シリーズ最新作となる今作は、仕様キャラクターが新キャラクターを含め最大数を誇っている。ステージやコスチュームも次世代レベルで新しく制作され、大きな驚きを与える。
■価格:8190
■発売日:2005-12-29

ギアーズ オブ ウォー
「惑星セラ・・・美しく平和な世界は、突如地底から出現した”ローカスト”の襲撃により、一瞬にして地獄と化した。 戦況が刻々と悪化する中、かつて英雄と呼ばれた一人の囚人、マーカス フェニックスが戦線に復帰する。 信頼する友と再び共に戦い、生き残るため。人類の存亡を賭けた壮絶な反撃が始まろうとしていた・・・」 独創的な破壊美に彩られた極限のサバイバルアクション 新しい刺激を求める大人達へ贈る、真の次世代ゲーム エンターテイメントがここに登場!(Xbox.comより)
■価格:7140
■発売日:2007-01-18

NINETY-NINE NIGHTS (N3)
NINETY-NINE NIGHTS・・・人々の意志など遠く及ばぬ光と闇のはざまで、戦うことを余儀なくされた戦士たち。“不思議な力を持った石”が織り成すドラマ、それがこの壮大な物語のテーマです。(Xbox公式サイトより)
■価格:7140
■発売日:2006-04-20

ロスト プラネット エクストリーム コンディション
極寒の惑星を舞台に巨大兵器や未知の生物と戦いをくり広げていく完全オリジナルタイトル。主演には韓流スター、イ・ビョンホン氏を起用。(Xbox.comより)
■価格:8379
■発売日:2006-12-21

ブルードラゴン
“ブルードラゴン”は、坂口博信氏(ミストウォーカー代表)プロデュースのもと、キャラクターデザインにドラゴンボールの鳥山明氏、音楽にFFシリーズの植松伸夫氏を迎え、“ブリンクス”シリーズのアートゥーンが開発を手がける、新世代の超大作RPG。 (Xbox.comより)
■価格:7140
■発売日:2006-12-07

デッドライジング
襲い来るゾンビ 1000 体以上!地獄と化したショッピングモール。タイムリミットは 72 時間。生存者を助けるか、スクープを撮るか!狂気のショッピングモールを生き残れ!(Xbox.comより)
■価格:8379
■発売日:2006-09-28

ロストオデッセイ
制作総指揮は「ファイナルファンタジー」シリーズの生みの親・坂口博信氏。キャラクターデザインは「スラムダンク」などの漫画家・井上雄彦氏。シナリオは直木賞作家の重松清氏。そして音楽はFFシリーズの植松伸夫氏と、各業界一流のスタッフが垣根を越え結集して織り成す超大作RPG 。(Xbox.comより)
■価格:7140
■発売日:2007-12-06

テイルズ オブ ヴェスペリア
シリーズ累計販売本数1,000万本以上を記録する「テイルズ オブ」シリーズに「テイルズ オブ ヴェスペリア」が登場。 もはや「テイルズ オブ」シリーズに欠かすことのできない要素の一つである「アニメーションムービー」は「プロダクションI.G」が制作。物語の随所に入る美しいアニメーションムービーが「テイルズ オブ ヴェスペリア」の世界を美しく、また感動的に描き出します。また、Xbox 360ならではの高精細なHD映像は建造物や空気感もみずみずしく映し出し、「藤島康介」氏が手がけたキャラクターたちが、ハイクオリティな映像でいきいきと描かれます。
■価格:7800
■発売日:2008-08-07

スターオーシャン4 THE LAST HOPE
人類は三度目の過ちを犯した――第三次世界大戦である。 死に瀕した地球に対し、人類は星の彼方へ新たな安住の地を求めた そして宇宙歴 10 年 ついにその第一陣が、星の海へと旅立つのであった。(Xbox.comより)
■価格:8925
■発売日:2009-02-19

インフィニット アンディスカバリー
『インフィニット アンディスカバリー』は、「スターオーシャン」シリーズや、「ヴァルキリープロファイル」シリーズで知られる、株式会社トライエースによる新世代ゲーム機での最新ファンタジー RPG です。(Xbox.comより)
■価格:8190
■発売日:2008-09-11

レビュー投稿フォーム

Double Dragon Neon
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「Double Dragon Neon」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。

上へ戻る