マイトアンドマジック・エレメンツ

発売元: ユービーアイソフトオフィシャルサイト 発売日: 2008-07-17 価格: 7329(税込) レーティング: 18才以上のみ対象 (CERO について))
タイトル概要

中央値: 55 Amazon点数: -

スコアーボード

マイトアンドマジック・エレメンツレビューチャート 標準偏差 9.07 ストーリー 2.71 mk2レビュー数 7
0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
14.3%
40-49
42.9%
50-59
14.3%
60-69
28.6%
70-79
0%
80-89
0%
90-100

ユーザーレビュー

(デフォルトは中央値近順)
127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィック サウンド 熱中度 バランス ボリューム ストーリー
2pt 3pt 2pt 3pt 3pt 3pt 1pt
総合点
55pt

GOOD!

・懐かしいRPGの原点を思い出させてくれます。
・シンプルなのが良かった。難しいシステム、余計なストーリー、演出に邪魔されずに、ひたすらダンジョンを歩きまわり剣を振り回す事を繰り返していく事に中毒していってあっというまにエンディングまでいってしまった。
・中世の世界、ダンジョン、町等を歩きまわるのがすきなので楽しめた。ある面このゲームの肝はダンジョン探索にある。戦闘はある面おまけ。
・暖炉や松明に相手を蹴りいれたり、タルを投げたり、台の足場を壊したりして敵を倒すのが楽しい。
・弓矢を使ってロープを張る事が出来るのがダンジョン探索に味を出していた。

BAD/REQUEST

・装備した盾が、チェックポイントを通るたびに別のものに変わるという小さいバグがある。
・標準の画面が暗すぎて暗がりだと何も見えない。(設定を明るくは出来る)
・敵の種類が少ない。甲冑兵士、魔法使い、ゴブリン、虎頭人種、クモ、たぶんこれだけ。ダンジョンを歩いて敵をやっつけるだけのゲームとも言えるので、もっと敵の種類が多ければ格段に面白くなっていた。
・敵ボスも少ない。
・ストーリーが意味不明。しかしゲーム自体にはあまり影響しない。
・登場キャラクターは、案内係り。居なくても差し障り無い。またヒロインの存在価値が無かった。最後になっても「あの女なんのためにいたんだ?」としか感じなかった。
・エンディングは20秒くらいで終わる。

COMMENT

ダンジョンマスターを思い出した。難しいと言われていたM&Mを一般向け(Element)にしたのがこのゲームだろう。ややこしいRPG成長要素を抜いているのが気軽で良かった。ストーリーが無いのも欠点では無い。元々、クラシックRPG、ダンジョンマスター等は、ストーリー等はゲームの最初と最後で、テキスト等で簡単に状況を説明するだけで、後はただ最後のドラゴンを倒すために戦うだけで、イベントなんかも無かった。職業が変えられ、レベルが上がり、アイテムを活用し、休憩したり出来ればそれで立派なRPGだった。このゲーム自体、RPGとして何も悪い所は無い。ただいかんせん現在のFFシリーズのように派手で複雑になって進化したRPGを基準にしてしまうとこのゲームの良さを見極められない。はっきり言うと、このゲームに新しいものは何も無いが、それはクラシックカーに燃費が悪いとか、カーナビが付いていないとか、故障しやすいとか言うようなもの。このゲームはちゃんと「クラシックRPGゲーム」として紹介していればもっと手に取る人も多かったかもしれない良ゲームでした。

 
プレイ時間:わからない(クリア済)
HIDEさん[2010-08-30 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィック サウンド 熱中度 バランス ボリューム ストーリー
3pt 3pt 3pt 2pt 3pt 3pt 3pt
総合点
55pt

GOOD!

うーん、特にいいところってのが無い。
洋ゲーだけどヒロイン2人が割りと美人な事・・・ぐらい・・・
あれ?これだけー?

BAD/REQUEST

以下はRPGでなくACTだとの前提で評価。RPGとして評価したら全部0点でいい。

うーん、特に悪いところってのが無い。
洋ゲーだけど難易度がわりとまともな事ぐらい・・・

あとはDMMMの欠点だと私が感じたのが唯一2点をつけた熱中度。
とにかくひたすらプレイヤーのやる事に変化が乏しいのでゲームに慣れた中盤以降楽しいと感じる要素があまり無く、終盤以降のゲームの推進力が劇的に不足。
敵も最初から最後まで殆ど変化ないし。。。

COMMENT

これはRPGでは無く、間違いなくACTです。
言葉遊びの問題でなく、ゲームとしてのジャンルがACT。

で、ここからがゲームの評価。
まず最初に言っておきますが、ゲーム全般の評価は「そこそこ面白い」です。ただ、良い所も悪い所も全く無いというある意味稀有な作品。NICEもBADも書きようが無い。また、事前情報で、「周辺のアイテムを生かして・・・」てのもウソだね。そんなに出来ない。それっぽいことで出来ることっていうと。
 ?敵を焚き火(類似で崖、水)に蹴りこむ。
 ?マップに「事前に」配置されている罠を「決まった手段」で発動。
敵を倒すのは?が手っ取り早いので全員焼殺。
一番使った武器がキックってのがこのゲームの微妙さの象徴かもしれない。

以下は個別要素について
成長要素 あるらしいが、ある事に気づかない。空気。
音楽   記憶に無い。悪い印象も無いのが救い。空気。
武器   どれも一緒。空気。
敵    ただでさえ種類が少ないのに、やる事みんな一緒。空気。

某所でのこの表現がこのゲームを最も適切に表現してました。
俺は買うけど、・・・(以降ゲームの問題点が続く)。
(ゲームの問題点を記述)・・・、でも俺は買うよ。
そんな感じのゲームです。買いたい人だけ買ってください。

プレイ時間:わからない(クリア済)
にゃさん[2008-07-20 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

アクセスランキング

ギアーズ オブ ウォー
「惑星セラ・・・美しく平和な世界は、突如地底から出現した”ローカスト”の襲撃により、一瞬にして地獄と化した。 戦況が刻々と悪化する中、かつて英雄と呼ばれた一人の囚人、マーカス フェニックスが戦線に復帰する。 信頼する友と再び共に戦い、生き残るため。人類の存亡を賭けた壮絶な反撃が始まろうとしていた・・・」 独創的な破壊美に彩られた極限のサバイバルアクション 新しい刺激を求める大人達へ贈る、真の次世代ゲーム エンターテイメントがここに登場!(Xbox.comより)
■価格:7140
■発売日:2007-01-18

デッドオアアライブ 4
技術者集団「TeamNINJA」が総力をあげて制作するハイエンド対戦格闘ゲーム。シリーズ最新作となる今作は、仕様キャラクターが新キャラクターを含め最大数を誇っている。ステージやコスチュームも次世代レベルで新しく制作され、大きな驚きを与える。
■価格:8190
■発売日:2005-12-29

ロスト プラネット エクストリーム コンディション
極寒の惑星を舞台に巨大兵器や未知の生物と戦いをくり広げていく完全オリジナルタイトル。主演には韓流スター、イ・ビョンホン氏を起用。(Xbox.comより)
■価格:8379
■発売日:2006-12-21

NINETY-NINE NIGHTS (N3)
NINETY-NINE NIGHTS・・・人々の意志など遠く及ばぬ光と闇のはざまで、戦うことを余儀なくされた戦士たち。“不思議な力を持った石”が織り成すドラマ、それがこの壮大な物語のテーマです。(Xbox公式サイトより)
■価格:7140
■発売日:2006-04-20

スターオーシャン4 THE LAST HOPE
人類は三度目の過ちを犯した――第三次世界大戦である。 死に瀕した地球に対し、人類は星の彼方へ新たな安住の地を求めた そして宇宙歴 10 年 ついにその第一陣が、星の海へと旅立つのであった。(Xbox.comより)
■価格:8925
■発売日:2009-02-19

テイルズ オブ ヴェスペリア
シリーズ累計販売本数1,000万本以上を記録する「テイルズ オブ」シリーズに「テイルズ オブ ヴェスペリア」が登場。 もはや「テイルズ オブ」シリーズに欠かすことのできない要素の一つである「アニメーションムービー」は「プロダクションI.G」が制作。物語の随所に入る美しいアニメーションムービーが「テイルズ オブ ヴェスペリア」の世界を美しく、また感動的に描き出します。また、Xbox 360ならではの高精細なHD映像は建造物や空気感もみずみずしく映し出し、「藤島康介」氏が手がけたキャラクターたちが、ハイクオリティな映像でいきいきと描かれます。
■価格:7800
■発売日:2008-08-07

地球防衛軍3
「地球防衛軍3」は、「THE地球防衛軍」「THE地球防衛軍2」に続き、3 作目となる 3D 地球防衛アクションシューティングゲームです。(Xbox.comより)
■価格:7140
■発売日:2006-12-14

ロストオデッセイ
制作総指揮は「ファイナルファンタジー」シリーズの生みの親・坂口博信氏。キャラクターデザインは「スラムダンク」などの漫画家・井上雄彦氏。シナリオは直木賞作家の重松清氏。そして音楽はFFシリーズの植松伸夫氏と、各業界一流のスタッフが垣根を越え結集して織り成す超大作RPG 。(Xbox.comより)
■価格:7140
■発売日:2007-12-06

バレットウィッチ
収まることの無い混乱。 絶望に満たされた街の中を死の恐怖に怯えながら逃げ惑う民衆。 わずかばかりの希望に書け、悪魔に抗う人間の武装勢力。 誰もが、人類の終焉を予感したとき、巨大な銃と魔女の力を持つ一人の“女”が現れた。 その名はアリシア・・・。(Xbox.comより)
■価格:7665
■発売日:2006-07-27

ブルードラゴン
“ブルードラゴン”は、坂口博信氏(ミストウォーカー代表)プロデュースのもと、キャラクターデザインにドラゴンボールの鳥山明氏、音楽にFFシリーズの植松伸夫氏を迎え、“ブリンクス”シリーズのアートゥーンが開発を手がける、新世代の超大作RPG。 (Xbox.comより)
■価格:7140
■発売日:2006-12-07

レビュー投稿フォーム

マイトアンドマジック・エレメンツ
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「マイトアンドマジック・エレメンツ」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。

上へ戻る