ザ・ダークネス

発売元: スパイクオフィシャルサイト 発売日: 2008-05-15 価格: 7140(税込) レーティング: 18才以上対象 (CERO について))
タイトル概要

中央値: 71 Amazon点数: -

スコアーボード

ザ・ダークネスレビューチャート 標準偏差 11.81 オンライン対戦 2.40 mk2レビュー数 10
0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
10%
40-49
30%
50-59
0%
60-69
50%
70-79
10%
80-89
0%
90-100

ユーザーレビュー

(デフォルトは中央値近順)
127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィック サウンド 熱中度 バランス ボリューム オンライン対戦
4pt 4pt 3pt 3pt 4pt 3pt 3pt
総合点
70pt

GOOD!

■オリジナリティ
他に見ない、かなり独特なゲームです。特に拷問されるシーン等、ドキドキしました。
ちょっとスタンドっぽかったので、4点です。

■グラフィック
良質だとおもいます。
スラム街のような小汚い街並みを再現できています。

■サウンド
特に気にもならず、耳障りでもなく、いい感じじゃないでしょうか。

■熱中度
熱中できると思います。
行動によってかなり小さな変化があるらしく、自分の選択は間違っていたのか?
と、またプレイしてみたくなります。

■バランス
ノーマルでプレイしましたが、僕が下手なのか、ちょうどいい感じだと思いました。
よく死にました。

■ボリューム
こういったゲームでは標準なボリュームでは無いでしょうか。

■オンライン対戦
やってませんので3点。

BAD/REQUEST

■グラフィック
通行人の女性が基本不細工なのはリアルを追求したせいでしょうか?
何人かセクシーなのをおいて欲しかったです。ワガママでしょうか。

■熱中度
ロードが長すぎるのでちょっと冷める部分がありました。
目的地が隣町だった時、またあのロード画面が少なくとも2回あるのか、と思ってしまうようになりました。

■ボリューム
クリア後、ダークネスレベルや武器など、全て引き継いだ状態でスタートできない事にびっくりしました。
それが楽しみで最後までやったのに、がっくりしました。

COMMENT

全体的には楽しめましたが、クリア後の特典をとにかく楽しみにしていたので、能力引継ぎが無い、と分かった時に一気に冷めてしまいました。
全能力を手に入れたとき、かなり遊びまくっていただけに残念です。

続くような感じだったし、続編、期待してます!

   
プレイ時間:20時間以上30時間未満(済)
REWBOMBさん[2009-06-01 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティ グラフィック サウンド 熱中度 バランス ボリューム オンライン対戦
4pt 4pt 4pt 4pt 3pt 3pt 3pt
総合点
72pt

GOOD!

・ダーク&ハードボイルドな世界観は唯一無二。
 グラフィックが秀逸で、NYの日の当たらないような裏通りが丁寧に
 作られています。また裏世界があり、これがまた違った趣でなんとも
 不思議な世界で楽しめました。

・ゲーム性はダークネスという悪魔の能力の使い方によって
 プレイスタイルが構築できるという懐の深さを感じました。
 クリーピングダークという蛇のようなものを這わせて、
 自分は隠れながらにして遠くから攻撃するスタイルや、
 触手でぶっさす超近接男気プレイなどなど。
 もちろん悪魔の能力を使わなければ、シンプルなFPSにも対応と、
 なかなか柔軟なゲームシステムです。
 また悪魔の能力は暗闇でしか使えないという縛りがあるので、
 それによって敵をあしらいながら、光源の位置を確かめ、破壊し、
 自分有利の状況を作り出しながら戦うという戦略性が生まれくるので、
 このへんもゲームとしての面白さに一役買って、プラス要素です。

・映画を意識した演出が遺憾なく発揮されています。
 特に物語導入部のカーチェイスシーンや、エンディングカットから
 エンディングロールへの流れ、クレジットの出し方など、まんま映画を
 見ているようです。音楽の使い方もいいし、最後はちょっと感動です。
 エリア間のローディング時も、
 主人公が自分のバックグラウンドを説明してくれるようなカットが
 出ますので、雰囲気作りを大切にしているなぁと感じました。

・メモや手紙を集めて、電話やポストに投函する事で
 エクストラコンテンツがアンロックされていくやりこみ要素。
 電話は実際にわけのわからない相手にかかり一方的に
 話をされるのですが、遊び心があってシュールでした(笑)。

BAD/REQUEST

・MAPが不親切。
 エリア区分しか表示されませんので、エリア内にある標識を見たほうが
 よっぽど有効です。なんでこんなMAPにしたんだろうと不思議・・・。

・移動が歩きのみで走ることができません。
 ストレスがたまるレベルではありませんが、あれば快適だったなぁと。

・バランスはちょっと悪魔が強すぎるかも・・・。
 先述の悪魔の能力にプラスして、ダークリングという悪魔の子分を
 召喚して戦わせたりもできるので、大人数を相手にする場面以外は
 ヌルイバランスと言えます。難易度も3つあるのですが、
 それほど大きく影響しないですし。

COMMENT

ストーリーは良いとは思いますが、大きな捻りもなく、復讐劇という王道です。ボリュームもストーリーとは関係ないサブクエストもこなしていくとちょうど良い長さですが、メインストーリーはやや短めです。グラフィックは秀逸ではありますが、最先端という感じまではいきません。

こうしてまとめてみると凡庸な作品のようにも思えますが(苦笑)、描写の仕方や音楽といったものが寂寥感や孤独感を煽り、それがこのゲームの世界観をさらに特別なものに押し上げていると感じました。

演出が凄いなぁと。不快な部分もしっかり描写して、「ゲームは子供向け」という思想とは対極にあるゲーム作りです。というのも、かなりへヴィーな表現があります。拷問、自殺、心臓を喰らう、導入部でのトンデモシーンなど。ですので、気軽に薦められるようなゲームではありません(苦笑)。

また評価には反映しませんでしたが、致命的なのは、個体差があるようですが、フリーズが比較的頻繁に起こる事。私の場合はゲーム進行に支障をきたす様な被害は被りませんでしたが、そこはメーカーさんには真摯に対応して頂きたく思います。ゲームとしては出来が良いだけに、そういうところでネガティブな注目を浴びてしまうのは勿体無いと思います。

とりあえずトレイラーなどを見て、世界観が好きな方であれば、十分良作の部類に入りますので、体験しておいて損はないゲームです。

※オンラインは未プレイの為、3点と致しました。
 環境:20インチ液晶TV。

   
プレイ時間:わからない(クリア済)
bullhourさん[2008-05-22 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

アクセスランキング

デッドオアアライブ 4
技術者集団「TeamNINJA」が総力をあげて制作するハイエンド対戦格闘ゲーム。シリーズ最新作となる今作は、仕様キャラクターが新キャラクターを含め最大数を誇っている。ステージやコスチュームも次世代レベルで新しく制作され、大きな驚きを与える。
■価格:8190
■発売日:2005-12-29

ギアーズ オブ ウォー
「惑星セラ・・・美しく平和な世界は、突如地底から出現した”ローカスト”の襲撃により、一瞬にして地獄と化した。 戦況が刻々と悪化する中、かつて英雄と呼ばれた一人の囚人、マーカス フェニックスが戦線に復帰する。 信頼する友と再び共に戦い、生き残るため。人類の存亡を賭けた壮絶な反撃が始まろうとしていた・・・」 独創的な破壊美に彩られた極限のサバイバルアクション 新しい刺激を求める大人達へ贈る、真の次世代ゲーム エンターテイメントがここに登場!(Xbox.comより)
■価格:7140
■発売日:2007-01-18

テイルズ オブ ヴェスペリア
シリーズ累計販売本数1,000万本以上を記録する「テイルズ オブ」シリーズに「テイルズ オブ ヴェスペリア」が登場。 もはや「テイルズ オブ」シリーズに欠かすことのできない要素の一つである「アニメーションムービー」は「プロダクションI.G」が制作。物語の随所に入る美しいアニメーションムービーが「テイルズ オブ ヴェスペリア」の世界を美しく、また感動的に描き出します。また、Xbox 360ならではの高精細なHD映像は建造物や空気感もみずみずしく映し出し、「藤島康介」氏が手がけたキャラクターたちが、ハイクオリティな映像でいきいきと描かれます。
■価格:7800
■発売日:2008-08-07

インフィニット アンディスカバリー
『インフィニット アンディスカバリー』は、「スターオーシャン」シリーズや、「ヴァルキリープロファイル」シリーズで知られる、株式会社トライエースによる新世代ゲーム機での最新ファンタジー RPG です。(Xbox.comより)
■価格:8190
■発売日:2008-09-11

地球防衛軍3
「地球防衛軍3」は、「THE地球防衛軍」「THE地球防衛軍2」に続き、3 作目となる 3D 地球防衛アクションシューティングゲームです。(Xbox.comより)
■価格:7140
■発売日:2006-12-14

ロスト プラネット エクストリーム コンディション
極寒の惑星を舞台に巨大兵器や未知の生物と戦いをくり広げていく完全オリジナルタイトル。主演には韓流スター、イ・ビョンホン氏を起用。(Xbox.comより)
■価格:8379
■発売日:2006-12-21

ロストオデッセイ
制作総指揮は「ファイナルファンタジー」シリーズの生みの親・坂口博信氏。キャラクターデザインは「スラムダンク」などの漫画家・井上雄彦氏。シナリオは直木賞作家の重松清氏。そして音楽はFFシリーズの植松伸夫氏と、各業界一流のスタッフが垣根を越え結集して織り成す超大作RPG 。(Xbox.comより)
■価格:7140
■発売日:2007-12-06

スターオーシャン4 THE LAST HOPE
人類は三度目の過ちを犯した――第三次世界大戦である。 死に瀕した地球に対し、人類は星の彼方へ新たな安住の地を求めた そして宇宙歴 10 年 ついにその第一陣が、星の海へと旅立つのであった。(Xbox.comより)
■価格:8925
■発売日:2009-02-19

ラスト レムナント
 ミトラ、ヤーマ、クシティ、ソバニ・・・。4つの種族が織り成す、あるひとつの世界。  そこには、遙か古代より「レムナント」と呼ばれる謎の物体が存在していた。誰が、何時、何のために造ったのか・・・。人々はそれを知ることも、知る術もなく、ただひたすらに「レムナント」の持つ巨大な「力」を引き出し、利用し、生き続けてきたのだった。  しかし、大きすぎる「力」は、世界の輪を少しずつ歪めていく。いつしか、支配する者と支配される者とに別れてしまった人々は、永き戦乱の世へと、その足を踏み入れていくのであった。  それからおよそ1000年・・・  物語は動き始める
■価格:8190
■発売日:2008-11-20

バイオハザード 5
恐怖の原点は、恐怖の頂点へ シリーズ1作目の洋館事件から10年後、主人公クリス・レッドフィールドがバイオテロの脅威にさらされた灼熱の大地、アフリカでシリーズ最大の恐怖に遭遇する。
■価格:8800
■発売日:2009-03-05

レビュー投稿フォーム

ザ・ダークネス
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「ザ・ダークネス」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。

上へ戻る